〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

JUGEMテーマ:日記・一般
しばらくぶりにブログをアップします。先週は出張のため三笠市、札幌市へ出かけていました。本業の会議と、現在受けている業務の調査のためです。戸籍取得、道路占用許可、評価証明書取得、現地調査でした。入国管理局には時間的に行けませんでしたが、同業の先生にお願いすることが出来ました。この日の札幌は暑くて干上がってしまいそうでした。再来週も札幌出張です。

さて、現在受けているお仕事についてですが、新会社を設立して初となる業務をお引き受けしましたが、それこそ業務の軸となるマニュアルは一切ありません。だからこそすべての流れがマニュアルとなるのです。決まりきったと言い切ることはある意味お客様に失礼なことです。

どんな業務であってもマニュアルがあれば楽なはずです。ところが、マニュアルは基本形のことが中心となっています。基本に忠実になればなるほど応用は効くはずです。我々の業務の基本と言いますか、肝になるのは「心」なのです。その心こそ、新会社の星となり、星の数が多ければ多いほど拡がりが現れてくるはずです。

今日の夜、お取引先の社長からメールを頂戴しました。昨日はパソコンを頂戴したばかりなのですが、有り難いお言葉を頂戴しました。これからの事業は後からじわじわと広がってくるはずだと言って下さいました。ボディーブローの如くじわじわと広がるためにも毎日の過ごし方にかかってくるはずです。会社の設立趣旨をしっかりと本物にしてゆくことが肝心です。星です。

ところで、昨日定款認証のため公証人役場へ行ってきました。公証人が交代するとあって記念すべき定款認証でした。花束を持ってゆくと公証人も嬉しそうな表情をしてくださったのが印象に残っています。事務所を開業したあたりに公証人も函館に赴任されたはずなのですが、これまで色々な場面がありました。遺言では日曜日に遠方まで出張してくださったり、病院や介護施設での遺言や任意後見契約など様々でした。

これまで本当にお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。また、新たに赴任された先生も穏やかな雰囲気な方です。早速、定款認証と遺言等が続きますが心あらたに公証人役場へ出向かせていただきます。

明日は新会社で請け負った業務が完了したとのことで事務所に出る前に現場にて業者様と打ち合わせです。今夜の星も綺麗です。人工衛星が肉眼でくっきり見ることが出来ました。老眼ストップのためにも星を見ることはよさそうです。ストップ座老眼ですね。明日も気楽に頑張りましょう。

星★

JUGEMテーマ:日記・一般
今日は夜に学校評議員会があり参加してきました。今後の学校はどうなるのでしょう。というのも、統廃合が将来にわたり行われてゆくようですが、学校へ通う子供たちはどうなってしまうのか?昔々は数キロメートルの距離を歩いて通学したというお話を聴きながらも、函館市街地が拡大し、人口が市内から新たな街へ流出した結果、新設校が建設されていったのです。

私が通った小学校は卒業して一年後に隣の小学校と統合したものの、現在では1学年1学級という状態です。それも函館の繁華街でしたから、当時はドーナツ化現象の結果だといえるのです。しかし、今では街区形成された新たな街自体でも子供の数がめっきり減ってしまい、学校は空き教室が増える一方のようです。

校舎の維持管理を考えると統廃合も止む無しかとも思うのですが、今後20年後にはどうなっているのでしょうか。なんとも言えない状況になることは目に見えているようです。もう少し若ければ子供を作ることだって可能だったでしょう。しかし、子供を育ててゆくにも基盤となる生活がどうなってゆくのかが不安材料のひとつとなってしまうのも現実でしょう。

今の若い夫婦も将来への不安等から二の足を踏んでいることも確かではないでしょうか。人口が増加しなければならないことは至上命題と言えるわけで、子供を作れるような環境が構築されない限りこの問題は解決されないような気がしてなりません。高齢化社会についても同様です。現在、様々な介護系の施設が建設されているのですが、高齢者が増えるのではなく、人口に対しての割合が増えるわけで、今後はさらに介護業界も激化してゆくはずです。

また、介護制度についても近々に何らかの見直しが行われてゆくことのなるでしょうから、私自身が将来介護サービスを受けたくとも受けられない時代は間違いなくやってくるはずです。そうなると街自体はどんな状態になっているでしょうか。さらに、失業者も増加しそうな感じがします。

そうこう考えているうちに会議が終り、いったん自宅に戻り着替えて出かけてきました。頭の中を整理するためです。私の場合、夜空を見上げて星を観察することで頭の中をクーリングすることが出来ます。久々に夜空の星を黙って見ていました。月はこれから上がってくるので星を見るには最高の状態です。しっかりと人口衛星もいくつか見えましたし、流れ星も幾度か観察できました。

天の川も綺麗に見えましたし、しまいには、未確認飛行物体も見えました。赤や白の光を放ち上下左右に移動しているのがはっきり見えたのです。未確認飛行物体に違いないと信じていますが、もしかすると、頭のどこかにUFOという先入観が働き、上下左右に移動して見えたのかもしれません。カメラを持参してファインダーを通して見ると、動きははっきりするのですが、残念でした。いや、あれは間違いなく未確認飛行物体なはずです。明日も天気は良くなりそうです。仕事が順調に終えることが出来れば三脚とカメラ持参で観察に向かおうと思います。新月かもしれませんから。明日も気楽に頑張りましょう。

有意注意

JUGEMテーマ:日記・一般
   
いつも見慣れている光景。その光景が当たり前になると本来気づくべきことが気づかずに見過ごすことがあるでしょう。しかし、その見過ごしている中に新たな発見があることも事実です。今日も新たな発見がありました。それはそれは前に進むための糧なのです。

その糧もプラスの内容もあればそうでないこともあるわけですが、プラス内容よりもそうでない内容の方が今後の指針を指し示すための大切なエキスが隠れているのです。どんな些細なことであっても見過ごすことなく常に細やかな意識を注ぐことこそが自分自身を成長させる糧だと思っています。

今日は公的機関から依頼が重なった一日。さらに業務においても、法人設立、許可申請へとロングスパンでの業務がいよいよスタートしそうです。今日のブログは手短ですがどんな些細なことであっても意識を傾けてゆきたいものです。

子供たちのために・・・

JUGEMテーマ:日記・一般


昨日は、函館市PTA連合会の会長交流会があり、そこへ参加してきました。函館市内のPTA会長が一堂に会しての情報交流の場でした。そこでの話題は、やはり子供たちが減少していることが多かったように思えます。また、PTA役員のなり手もなかなか困難を極めていること様子が覗えました。

函館市内の小中学校も将来に向けて統廃合が進められてゆくことは明白なのですが、子供たちの通学事情を考えると統廃合には反対な気持ちでもあります。ある学校では、徒歩での通学が困難なためバス通学を余儀なくされている子供たちも多数いるようです。

同じ函館市内にいながら、徒歩通学、自転車通学、バス通学と様々な通学事情です。バス通学の子供たちはバス代金を毎月支払っているようですが、同じ教育を受けるにも関わらず、金銭負担が異なることは行政としていかがなものでしょう。学校環境も様々です。綺麗な校舎もあれば、旧態依然の校舎もあるのです。

しかし、このハード面についてはやむを得ないことは理解できます。そういえば、昨日、お客様宅を訪問する際、どこかの小学生たちが屋外での写生会でもあったのでしょう。写生会を終え、学校へ戻る子供たちの列を見て、一瞬唖然としました。

青信号に変わり、先生が先頭を歩き、子供たちは先生の後を歩いていました。先生は子供たちを渡りきらせる前に自分だけ先に渡り、後ろの子供たちには目を配るどころかそのまま歩き続けていたのです。最後の子供たちが渡り始めようとしたときには信号が点滅していたのです。

こんなことだから、先生に対する親の目線が厳しくなるのも当然です。中にはすべてが疑心暗鬼となりいわゆるモンスターとなってしまう傾向にあるのでしょう。せっかく、先生と親との信頼関係の懸け橋となるために毎年様々な行事を行い、信頼関係から子供たちの笑顔を引き出してゆこうと市内の各PTAは頑張っています。その目的はやはり子供たちのためにが大きな柱になっています。

今後、子供たちはますます少なくなってゆきます。だからこそ、敢えてやらなければならないことがあるのです。新会社での事業の中に子供たちに関わる目的があるのですが、それを具体化して子供たちに喜んでもらうことを模索しています。しっかりと前を見据えて命の限り頑張ってゆきます。余計なことは考えずに・・・

不憫という言葉

JUGEMテーマ:日記・一般

 
今日もお客様を訪問し、その中で「不憫」という言葉が連続して出てきました。お話を伺うにつけ、不憫という言葉の深さが身に染みました。不憫・・・一般的な活用としては「かわいそう、気の毒」といった意味合いで用いられることが多いように思います。

色々な方向からお話をしていると、そのお客様のお気持ちが痛いほど伝わってきました。表面上では将来どうなってしまうのか?このままでは不憫でならない。かわいそうだ・・・となりそうでした。ところがです。時間経過と共にお客様のある方に対しての想いが不憫という言葉で表現されていたのです。その根底には「可愛い」「愛おしい」という意味合いが含まれていることを理解できました。

日頃、用いている言葉も表面上ではなく、その言葉に内在している気持ちを把握することでその方の人格をさらに見つけられることになりそうです。そうすると、依頼されたお仕事もスムーズに進んでゆける気がします。表裏一体となった言葉の持つ意味を聴き取れる耳を養いたいものです。

さて、現在受託している業務は、風俗営業の実査も終わり、建設業許可の更新も終わり、近日中に経審です。遺言や相続業務は順調に進み、新たな任意後見業務も順調に進んでいます。また、しばらくぶりの入管業務も進めてゆかないとなりません。さらに、大掛かりな相続とそれに付随するお仕事も今週は函館、来週は札幌と岩見沢方面へ行かなければならなくなりました。

また、介護関係に関する新設と認可手続きもいよいよです。また、本業から発生した、おせっかい事業も数件ですが請け負っておりひとつひとつ進めてゆきます。しっかりと確実に進捗させるべく気合いで頑張ります。スタッフもみんなも一所懸命に頑張っています。

祝会社設立

JUGEMテーマ:日記・一般
祝会社設立
ついに待望の会社が設立されました。会社名は・・・「株式会社おせっかい」と申します。

会社の理念は「心という無形の財産を後世に・・・」を掲げてこれからの業務に対し鋭意邁進してまいります。

会社の目的は、18項目にわたり、人がこの世に生まれてからこの世を去るまでのお仕事とでも表現すれば良いかもしれません。

 函館の人口は先月末日現在、総人口           272,645人
              年少人口(0〜14歳)    28,657人(10.5%)
              生産年齢人口(15〜64歳)161,251人(59.1%)
              老年人口(65歳以上)   82,737人(30.3%)の割合となり、
              世帯数           143,958世帯    となっています。
 実は、興味深き現象があるのですが、今から4年前の平成22年時点では、世帯数が126,180世帯、人口は279,127人という数字となっています。世帯数が増加しているにも関わらず、人口が減少しているのが分かります。
                                 ※数値は函館市のホームページから引用しています。
これは、一体どのようなことを物語っているのでしょうか。
一世帯当たりの平均人員は、1.89人ですから、独居世帯が年々増加していることが伺えます。昨年12月末現在では、1.91人でしたから、数か月で0.02人の減少となっています。

一世帯当たり最も少ないのが松風町で1.40人、最も多いのが桔梗5丁目の2.49人となっています。
ドーナツ化現象が騒がれていた時代は私が小学生の頃で、大門近辺からの人口流出は著しかったのです。ところが、現在はドーナツ化現象とは異なり、独居世帯が増加していることを数字は物語っていると考えられます。

他方、函館市内の要介護、要支援認定者数は、平成25年12月末現在、18,215人(総人口274,485人、老年人口81,502人)
                     平成26年  4月末現在、18,428人
また、いわゆる認知症状を呈している方々の人数が厚生労働省のホームページを探っても具体的な数字は計上されていません。

巷でいわれている認知症に該当する方々は恐らく相当の人数に上るに違いありません。しかし、この認知症とはよく理解できておりませんが、その診断は非常に困難ではないでしょうか。何故なら、認知症かどうかのチェックをしてゆくと、私も例外ではなくもありません。

人口が減少している原因のひとつとなっているのが地元では就職にもつけない、結婚しても生活に不安などなど、様々な理由から生まれ育った故郷を後にしていることが掲げられ、それに伴い、当然のことながら親子関係も将来にわたり離れ離れといった現象が地方都市では顕著に見られます。

少子高齢化社会となったいま、認知症患者が増え、老年人口の割合がさらに増えているなか、今後の介護保険制度が見直されたときに、誰しもが要介護、要支援の認定を受けることが出来なくなる時代がやってきます。

そうなったとき、いわゆるボーダーに位置する方々は今後どのように生活を進めてゆけば良いのでしょうか。無縁社会と呼ばれ久しいのですが、いずれ、私もその時がやってきます。

今後の人口動態の推移を見てゆくと、数年先には世帯数が減少し、それと同時に人口も減る、ところが、老年人口の割合が増加する時代がやってくることは明白です。

株式会社おせっかいが意図すること将来ビジョンは、
ひとつは、認知にならない心身ともに健全な生存活動を促し、
ひとつは、地域での人間関係の希薄さを従前の温もりある街へ、
ひとつは、世代間交流を図り、学校教育の現場だけではなく地域全体での子育てと教育を実践できる場を設け、
ひとつは、そもそもの親子の関係を本来の状態へ導けるきっかけとなり、
ひとつは、元気なうちにしっかりと後世に心を繋げてゆく機会を作ろうという発想です。

これらを実践するには、我々だけではどうすることも出来ません。そこには多くの仲間の存在が不可欠となります。各地域に人員配置を目指し、官では為しえない活動を民が本気で取り組もうというものです。具体的業務例は、これから徐々にお知らせして参ります。

これまで函館について着目しましたが、実は、前段の数字の傾向は全国的傾向であることは、先日、広島へ出張した際に、現地の仲間からも同様のお話をお伺いすることができました。少子となり高齢化が進むと一体どうなるのでしょう。決して、他人ごとでは済まされない憂慮すべきことなのです。

以前、人間定年制ということを冗談で書きましたが、もしかすると本当になってしまうのではと不安が過ります。この世に生まれてきて心から本当に良かったと言って納棺されたいものです。これからの社会の宝である子供たちに決して不安を抱かせないためにも日夜研鑽を積み、様々な場面で出向く所存です。

株式会社おせっかい 代表取締役 加藤和美、代表取締役 松田 聡、他取締役5名、監査役1名

多くの皆様に「おせっかい」させていただきます。

 

新会社設立申請へ・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は新会社に出資してくださる株主全員からの出資金も無事に指定口座へ振り込まれ、早速、登記申請を依頼してきました。早ければ明後日には履歴事項全部証明書や印鑑証明書を取得することができる運びになりそうです。

そして、新事業の業務も受託することが出来ました。早速、今月末には遠くへ出張となります。動き出しました。会社案内は別途お知らせいたします。ようやく漕ぎつけたという状況です。

本業も疎かにしていられません。当たり前のことです。新たな業務依頼もあり、明日は相続、遺言、任意後見、会社設立、法人設立認可等々で朝から晩まで動きます。

昨日のブログにも書きましたが、命を有効に活用してゆく前提には将来目標がぶれずに備わっていることが不可欠です。つい数分前まで札幌の同業の尊敬する先生と様々な情報交換をしました。実に有り難い内容でした。一生にわたるおつきあいが出来ることと確信しています。

新会社を設立し、共に汗水流してご依頼者に喜んでいただくのは当然のこと、そのプラスの波及効果が将来を担う子供たちに感じてもらえたならこのうえない喜びとなります。そのイメージを想像しながらこれからの事業に邁進してゆきます。
新会社の社長さんよろしくお願いしますね。(笑)

子供から

JUGEMテーマ:日記・一般


 
いよいよ今週が始まりました。新会社の定款も無事認証手続きを終えました。そして、司法書士事務所へ登記申請の依頼を行い、先生には申し訳なかったのですが、明日の申請ということで急にもかかわらず快く引き受けていただきました。

これまで数年の時間を経てようやく具体化し具現化する瞬間を迎えようとしています。この事業は本来的には一般社団法人として発足すべきでしたが、まずは株式会社を組織してそこでの傾向を踏まえてから社団化してゆく予定です。もちろん会社ですから営利目的ではあるものの私的財産を蓄えることではありません。どうもこの業務でぼろ儲けしようと思われている方もいらっしゃるようですが本末転倒です。

先日来、広島等へ出張し様々な方々と情報交流を図ることが出来ました。つい先ほども札幌の方ともお話をし今月末にも再びお会いする予定です。広島では、現在、いえ、これからの社会情勢を見据えての事業との位置づけから応援というよりも地元で活躍できるお話をしてきました。

札幌の方とはこのお仕事のことを「人間業」と比喩してくださりました。これからも業務は、来る2040年問題を見据えての新事業です。今さえよければそれで良しという業態ではありません。現在、我が家には孫が来ています。なぜなら、二人目の孫が誕生したため長女が短期間ではあるものの一時帰宅して育児と自らの体調を整えようというものです。

二人目の孫はまだ退院していませんが、ようやく遅ればせながら明後日には我が家にやって来ます。この孫達の顔を見るにつけ、また、小学生や中学生を見るにつけ、この子らが成人を迎えた時にはどうなるのかという危機感が日々頭をもたげています。私自身はあと十年も生きていられればそれで良しと思っています。現在、50歳ですからあと10年と区切りをつけるとたった10年しかありません。

この10年に命を懸けます。いつどうなってもいいように。誰が何と言おうと心に決めたことです。そうは言っても、仲間たちがいます。常に情報共有を図り、やっかみや言われもないことを言われたとしても、やったもん勝ちです。さらに失敗したもん勝ちです。人の真似は一見簡単でしょうけれど、それはあくまでも真似なのです。そんなことは一切気持ちを揺らさずに一心不乱に子供たちのために本気で新事業を展開してゆきます。

誰が何と言おうとコアをそれぞれが本物にしてゆき、本来の福祉という言葉の持つ意味を目指してゆきます。今回は広島へ出向きました。そう遠くない時期に名古屋、長野方面へ行ってきます。旧知の知人が待つ街へ・・・向かいます。そして、年内には関西、九州へ行く予定です。全国に少なからず知り合いがいることは有り難いものです。今流行のSNSで知り合った仲間ではありません。

北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、新潟、山梨、さいたま、東京、千葉、福島、栃木、長野、愛知、岐阜、三重、富山、福井、石川、滋賀、京都、大阪、和歌山、奈良、兵庫、香川、岡山、鳥取、島根、愛媛、広島、福岡、佐賀、長野、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄に最低一人は知り合いがいます。そう見れば、今後が楽しみです。

さらに、新会社の役員にも当然に様々な交友関係があるでしょう。そうなるとこれから先が楽しみです。これらの知人は全て仲間と呼べる人物ですから。ちなみに私が役所を退職する際に、それまでお会いした人の数を数日かけて書き出してみたことがあります。その人数は850名弱でした。

行政書士事務所を開業してからはすでに1500名以上の方々とお会いしてきました。これだけの方々がいらっしゃいますから、新事業についてしっかりと働きかけてゆきます。いつ命が尽きるか分かりませんから、後悔しないためにも謙虚で奢らず、本気で使命を果たすべく日々の努力を欠かしません。いよいよです。待ってろ子供たち・・・!

イベント企画

JUGEMテーマ:日記・一般



こんばんわ。明日は遠くへ出張です。多くの仲間がいるその街へ行ってきます。今日もその地で医療従事者として日夜地元で多くの方々に対し、身を以て貢献されている方です。再会が楽しみです。そして、新たな事業についてしっかりとお話してきます。
これからの事業は必要枠ですし、今後、様々な制度改革によってあふれてくる方々のために貢献できると自負しています。

法律的な問題は弁護士や司法書士へ、医療に関しては医療関係者へ、介護に関しては介護関係者へ、ハード面においては各種事業者へといった具合にワンストップサービスを提供してゆきます。ただし、依頼があれば何でも引き受けるかというと、実はそうではありません。しっかりとしたプライドを持って業務に臨むわけですから、安売りは絶対にしません。

この事業について理解しづらいかもしれませんが、日常生活の中で起きていることが業務範囲です。今日もスタッフがあるお客様を訪問した際、早速、業務を依頼されたとのことでした。プレゼン資料も完成し懇意にしている方々に配布してゆきます。また、函館市以外においても北海道内での連携、本州では東京、神奈川、群馬、茨城、名古屋、広島などに拠点となる仲間がすでにいるのです。

新会社の役員の一人は、茨城出身者がおり年内には茨城へ出向きたいところです。また、明後日には東京と群馬の方とお会いしてしっかりと新事業についてのお話を進めてきます。この業務は深みがあります。我々が認めた人物でなければお話はしません。ご紹介もありがたいのですが、お客様が必ず振り向いてくれる業務です。

また、地元函館においても20代の若者が来年にも法人設立へと動き出しそうです。彼らからも我々の業務とのコラボを楽しみにしているとのこと。俄然楽しみが増えてきました。類は友を呼ぶの言葉のごとく、そこに集まる人々は同じような志を抱いた人間であると信じています。

さて、新会社が発足して7月にもあるイベントを企画する予定です。昨年暮れのご縁ライブではありませんが、それに準じた内容です。会場も素晴らしくそこに集まる方々の表情を想像するにつけニヤニヤしてきます。食事等はケータリングで行い、集客は100名程度を予定しています。何とか、形にして勢いづけてゆきたいものです。

よく集客という言葉を一般的に用いていますが、実は集客ではないのです。集客は単に人集めのようなものであり、そこには頭数だけを揃えれば良いという発想が根底にあるはずです。しかし、我々は頭数をそろえるのではなく、本当に来てもらい、喜んでいただき、楽しんでいただき、心から安らいでほしいという願いから、是非、多くの方々が集まって、その輪を広げてゆきたい一心なのです。

新たな会社の仲間たちは真剣に声掛けをしてくれるでしょう。新会社の設立記念と合わせて今から準備に取り掛かります。明日は広島です。明後日はどこでしょう。(笑)

メール

JUGEMテーマ:日記・一般
メール、SNS・・・様々な便利なツールが存在していますが、未だにモラルやデリカシーに欠ける内容のものが送られてくると言った相談が持ち込まれています。その気持ちは十分に理解できます。

私も以前、お客様や仲間のことについて否定的なメールを送られたことがあります。その時、感じたことは私自身のことも他人に言われているということです。あまりにも幼稚な内容とでもいえば良いでしょうか。

その意味することは何かと探れば、きっと、自己中心的発想から本当の意味での信頼関係が本人を取り巻く方々と構築されていない証なのかもしれません。さらに、本人に何かを伝えたとしてもそれを理解できぬから困るものなのですね。

実に、可哀そうなことです。気づけば誰もいなかった・・・なんてことにならぬよう気をつけたいものです。もちろん自戒の念を込めていますよ。しばらくぶりのブログでこんなことは書きたくはありませんでしたが、余りにも同じようなお話しを耳にするものですから。

これからはブログやSNSには出張などの具体的内容とは極力載せないようにしようと事務所内部でも話し合いました。疑心暗鬼こそ精神的に追いやられますからね。

さて、明後日から出張です。久々の広島です。広島にはこれまで相当回数訪れています。講演やセミナーもすでに5回以上は行わせていただいています。今回はもちろん業務出張です。遊びで行ければ最高なのですが。

ところで、新たな何かがスタートしようとすればそれに対して何らかの邪魔が入るものです。モラルやデリカシーについて我々も十分に気をつけなければならないでしょう。その前提として自分を知ることが大切です。メールやSNSの用い方には十分気をつけましょう。一歩間違えると本人の人となりを見透かされてしまいますからね。

最後に、今日はお客様から色々なものを頂戴した一日でした。名古屋銘菓、自家製パン、菓子折り、BOSEのスピーカーをお客様や仲間から頂戴しました。明日も楽しい有意義な時間を過しましょう。


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2778 最後に更新した日:2019/07/17

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング