〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

夜鳴き…いえ夜泣きでした

少し前に布団に入り、本を読み始めた途端、夜中なのに元気いっぱいな夜泣き孫。昔取った杵柄と…夜泣き孫をあやすため颯爽と孫を腕に抱きかかえました。抱いた途端、おとなしくなったものの孫の目はキョロキョロと辺りを見回ししっかりと覚醒していました。

おかげで私もしっかりと覚醒していました。さて何時に眠ってくれるかなぁ…

子供と孫と

JUGEMテーマ:日記・一般




こんばんわ。昨晩は七夕でした。無事、事故も無く終わることが出来ました。地域の結束を感じたひと時でした。

今日は朝から晴天に恵まれ、久々に父親らしく、爺ちゃんらしく子供や孫と過ごすことが出来ました。たまにはこんな時間も大切ですね。

明日からは怒涛の一週間がスタートします。本当に怒涛です。朝から晩まで予定がびっしり埋まっており、どのように時間と向き合ってゆくかが問われます。

整理整理、そして整頓です。週末には大工事ですから。土曜日の午前中はある町内会において遺言関連のセミナーがあり講師として出かけてきます。

明日からも気合十分で頑張ってゆきましょう!

街頭指導

JUGEMテーマ:日記・一般



おはようございます。昨日は晴天で綺麗な夕焼けを拝むことが出来ましたが、今朝は寒々とした朝でした。風も強く近所の山には濃い霧が立ち込めているのが見えました。

さて、今週は、朝事務所に向かう前に子供が通う小学校の校区内の巡視や横断歩道付近に立ち、子供達の通学を見守る、いわゆる街頭指導を行いました。

昨日ですが、子供達は遠足のためみんな意気揚々とリュックを背負い元気に学校へ向かっていたのですが、信号が青に変わり、一歩踏み出し歩き出したところ、黒の軽自動車が子供が渡っているにも関わらず、停まろうとせず、終いには子供を怒鳴っていったのでした。

道交法なんてくそくらえという姿勢です。私は、そんな状況を見過ごすわけにはゆきませんから、久々に近所に響き渡る怒声を発しました。幸い?渋滞路でしたからその車まで走ってゆき、運転手を引きずりおろそうとしましたが、すっかり憔悴しきってこちらに目を合わせず、「子供が走ってきたのが悪いでしょ?どうして私が怒られなければならないのさ・・・」と・・・

この理屈には唖然としました。けれども、すぐさま学校へ知らせ、ナンバーも伝えました。
最近、子ども達が通学途上に事故に巻き込まれる「事件」が後を絶たずにいることを思えば、自分には関係ないからという理屈から発した言葉なのでしょう。「ああ言えば、こう言う・・・」 こんなことが色々な場所で起きているご時世ですが、「命」に対する考え方とはどうなってしまっているのでしょう。

私は、今後も継続して子供達を守るため、身体を張って街頭に立ちます。ただ、事務所までの道のりが少々時間を要するため、ほんの僅かしか立てないかもしれません。けれども、出来ることをやらせてもらいます。子供の人口が毎年減少している今、子供達の命は我々大人が守らなければなりませんね。

ところで、昨晩は自宅で妻と色々な情報を交換しました。仕事のこと、世の中の動きなど・・・どうも妻も疲れきっている様子でした。妻曰く、「自分達の仕事の目的は一体何なのか?人の命を守ることなのに、それが二の次になってやしないか。自分にとって都合よく周囲に大きな影響を与えていることに気づかず、クライアントやその家族から要求が強くなり、本来業務以外のことで悩みが増えてしまってさ・・・」と。

妻も最前線で働いているので、それはそれで相当頭を悩ましている様子が分かりました。今は、妻との関係は夫婦ではあるものの、夫婦という関係を超えてしまっています。表現のしようがありませんが、一個独立した関係ですね。

私も、48歳となり、まだまだ未熟です。本当の意味で人の役に立てる人間になるには悩みを次々と発生させてゆくことなのだろうかと思う最近です。決して、人生にとってマイナスな要素は何も無いはずです。そう信じて、今日も頑張りますよ。そろそろお客様がお見えになる時間です。

PTA・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

雨が降ったり、雪が降ったり、気温が上昇したり、下がったり・・・ここ最近の気候は目まぐるしい変化です。4月に入ったにも関わらず今朝は降雪を目にし、昨日、札幌の帰りに通過した中山峠は圧雪とアイスバーンだといいますし、さらに、最低気温が氷点下10度以下を記録した地域もあったようです。

体調も気候変化に対応できるよう常日頃ケアを施しておく必要がありますね。私は、至って元気そのものです。最近のスポーツ番組の中で、種目は忘れてしまいましたが、「笑顔」の意味を語っていた監督がいました。どんな局面でも笑顔でいることの大切さを語っており、なるほどとテレビに向かって相槌を打っていました。

常に笑顔でいることで顔の表情筋も鍛えられ、口角が確実に上がってくるというのです。また、笑顔を絶やさずにいると健康にもつながるというのですね。今日は昨日の余韻もあってか笑顔を忘れそうになりましたが、お客様を訪問している中で笑顔で会話をすることができたように思います。

実は、今日のキーワードは「笑顔」と言い聞かせていたためか、ラジオからもお客様からもさらにPTA役員会の中でも「笑顔」の話題が次々と出てきました。不思議ですね。

ところで、今日の夜からPTAの役員会がありました。新年度に向けての討議でした。あっという間に二時間以上が経過し、午後9時半過ぎに帰宅しました。事務所の業務もありますが、公的役割としてPTA活動も必要だと考えています。長女が小学校に入学した時から、専門委員を引き受け、翌年は副会長、そして、次女が入学した年には会長を引き受けそのまま次女が卒業まで会長を引き受けてきました。

その後、次女が中学校に入学すると同時に副会長を引き受け、卒業の年には会長を引き受けさせていただきました。そして、三女が小学校へ入ると同時に副会長となり、今年から会長となってしまいました。ここ最近はPTA離れが加速しているようで、幸いにも三女が通う小学校は皆さん協力的な方ばかりで行事も案外スムーズに進捗している感があります。

早速、地域の町内会役員の皆さんと意見交換会?を計画し、子供をはじめとする地域安全対策を具体化させさらに深めてゆく予定です。先日、函館市のホームページを見ていると、昨年の人口動態が出ており、その図の中で驚いたのが、今年1歳になる子供たちの人口が男女それぞれ1000名をきっていたのです。

合わせて、1900名として、1学級35名平均とすれば54学級で済んでしまいます。このような流れで進むと学校の統廃合が確実に行われ、そうなると1校区の区域が広範に亘ることになってしまいます。校区が広範になると通学路が自ずと今まで以上に遠くなる子も確実に出てきます。人口が減ると人通りも減ることになり、安全対策がこれまで以上に講じてゆかなければなりません。

もちろん、本業の分野にも何かしらの影響は出てくるに違いなく、世の情勢を認識しつつ子供や高齢者の安全対策をハード面はもとより、ソフト面により講じてゆけないかと模索しているところです。そこには、基本的な意識が不可欠であり、そのためにも地域の皆さんに何かしらの問題提起をPTA側から起こして、今よりもさらに意識の高揚を図れたら第一段階はクリアとなりそうですね。

本業ももちろんパワーアップを図り、加えて、他方面においても組織として協力しながらパワーアップを図りたいところです。明日も笑顔で頑張りましょう。先ほど、知人から電話があり宿題も出されましたからね。

花嫁の父・・・無事終了・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

長かった一日も何事もなく終えることが出来ました。

ホッとひと安心です。昼間の披露宴であり、お酒を頂いたものの酔っている間もありませんでした。

挙式の時から、「聞いてないよ・・・」というサプライズが次々と起きて、気持ちは高ぶるどころか変な緊張感に包まれていたという表現がピタリとはまります。

披露宴でも、娘から何も前触れもなく突然司会者から呼び出されるなど驚きやら照れるやら・・・でした。

改めて、長女のこれまでのことを色々と回想させられる場面がありましたが、産まれてから今までは本当にあっという間でした。

披露宴が始まって早々、泣くまいと心に決めていたものの涙が自然と溢れ出し、これも良い涙だと言い聞かせ自然に任せていました。

そして、披露宴にご出席いただいた皆様の表情を見ていると、子供たちがこれまでいかに友人たちと良いおつきあいをしていたかを直に知ることが出来ました。皆さん、本当に素晴らしい仲間たちでした。

これには、親として子離れできずにこれまでやってきましたが、あの雰囲気を見てこれで良しと親としての安心と二人のこれからに対してしっかりと別な視点から見守ってゆけることを確信できました。

我が家には三人の娘たちがいますが、長女は今日旅立ちましたし、これから先、あと二人を見送らなければなりません。それまで、私も元気で毎日を過ごさなければと言い聞かせていました。

七夕には孫が産まれる予定です。まだ、実感はありませんが五体満足で産まれてくることを祈るばかりです。

今日は、ひとつ肩の荷が下りました。花嫁の父として初めての経験でしたが、体験は体験として、精神的面が一番の親としての経験だったと言えるのです。7月にはおじいちゃんになりますが、おじいちゃんらしいおじいちゃんになれるよう、やはり日々の研鑽に尽きるでしょうね。

今日の結婚披露宴にご出席いただいた皆様には本当に感謝にたえません。これから、若くて熟すまでには相当の時間を要するとおもいますが、時には叱責、時には激励を・・・と本気で声を掛けて頂けると幸いです。

なんだか、疲れましたが、良い疲れです。今夜は熟睡できそうです。皆様に感謝です。

駄菓子屋とばあさんから教わったこと・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

こんばんわ。今日は寒い一日でした。ブルッ・・・

ところで、いつものことですが、どうして函館は活気が無くなったのかと考えない日は無く、今日も私が幼少期にお世話になったおばさんのお宅へ行った時のこと、昔々の色々なお話が出てきました。

小さい頃は、隣近所のおじさん、おばさん達から叱られつつもどこか守られていた感があり、伸び伸びと好きなように時間を過ごしていた気がします。親からのお小遣いは10円ももらえたらそりゃもう心はパラダイス状態でした。

10円持ってどうしよう・・・楽しくて嬉しくて一気に近所の「いっせんみせや」に駆け込んだものです。そこには着物を着た怖い表情の「ばあさん」がいて、クジやお菓子を選んでいるとどこか監視されているような一種の恐怖感を抱きながら欲しい物を物色していました。

しかし、どうしても欲しい物ですから、それを手にするまでは「ばあさん」の監視に耐えなければならず、ようやくお金を払い店を出るとさらに気分は高揚し近くの公園で楽しんだものです。「いっせんみせや」とは、今でいう駄菓子屋のことですが、私達は「いっせんみせや」あるいは「くじ屋」と呼んでいました。

子供達が駄菓子屋に行くと、お店の「ばあさん」は鋭く目を光らせ、親と一緒に行くと、優しい表情に一変し、当時、その意味が全く理解できずにいたのですが、今振り返ると、「ばあさん」は敢えて子供達に対し、監視という形で教育をしていたのだと理解することが出来ましたね。さらに、お金の使い方も随分と教わった気もします。

駄菓子屋、くじ屋、いっせんみせや・・・いま想えば、子供達のコミュニケーションの場でもあり、小さな社会での勉強の場でもあった気がします。そういえば、コカコーラのヨーヨーのプロフェッショナル版を手に入れ、「今度の土曜日にヨーヨーの世界チャンピオンがくるからね・・・」と、ばあさんに言われ、私もヨーヨーを片手に固唾を呑んで世界チャンピオンの技を拝見したものでした。

ところが、チャンピオンが「犬の散歩」を始めたとき、何度もヨーヨーを散歩させようとしてもヨーヨーは散歩せず手元に戻り、結局、チャンピオンの技は失敗に終わったのでした。見物に来ていた友達や近所の子供達から一気に大きなブーイングが・・・チャンピオンは真っ赤な上着を着た外国人でしたが、見るからにチャンピオンだと子供達もすっかり目を輝かせていたのですが、あの失敗から子供達は疑心暗鬼になったことは言うまでもなく、チャンピオンも意気消沈し帰って行った姿が今も脳裏に焼きついています。 

それでも、夢がありました。駄菓子屋へ行くと必ず何かが輝いていました。本当にパラダイスだったなと思えるのです。今の子供達にもあの時のようなパラダイス感を味わって欲しいなと勝手に思っていました。小さな子は大人の気分を味わうだろうし、大きくなった子は工夫して遊ぶことを考えるだろうし、何と言っても、会話に花咲くはずです。一見、アナログですが、頭の中はいつの間にかデジタル発想で考えているはずです。あの頃、デジタルという言葉すら聞いたことはありませんでしたから。

駄菓子屋へ行こう!あの店のばあさんはもう居ないだろうな。当たり前ですね。もし、今生きていれば113歳ですね。会いたいな・・・恐怖のいっせんみせやのばあさんに・・・いまもあの表情を思い出すとブルッときますね。笑

今晩も寒くなります。水道管凍結には気をつけましょう。それは当事務所のことか・・・苦笑

親子

JUGEMテーマ:日記・一般


日本航空のCAの方々による「ハンドベルコンサート」の模様(12/1)


皆様お疲れ様です。

今日は朝から事務所の子と手分けして仕事がスタートしました。懸案事項であった許可手続きも事務所の子が役所にて縷々担当者とやり取りしたようで無事に終了したとのこと。私は、新規案件の打合せのため取引先へ向かい、その後、別件の申請案件について他士業者を訪問し打合せを済ませました。

午後からは、事務所に取引先の社長や代表が来訪するとのことで其々の書類等の手交を終え、今度は私が市役所と保健所に出向き、昨日現地調査を受けた案件の許可書を頂いたのと同時に、別件の許可申請をしてきました。保健所の担当者も協力的で早速明日現地調査を行ってくれるとのこと。何とか、今週中に許可書が下りてきそうです。その調査を受けた後、別件の許可申請を警察署へ提出予定です。

今週は許可申請だけで4件、届出が2件の提出予定です。さらに、別件の許可届出2件も待ち受けています。週内には運輸支局にも許可手続きについての打合せをしてくる予定です。相続案件も週明けには一気に進捗する予定となりました。あっという間に今月も終わりを迎えそうな勢いです。

さて、今日は親子、それも親権について色々と考えさせられた一日でもありました。私自身、親年齢21歳となりましたが、親子について法律的にどうなのかと改めて見直してみると、どこか基本線が逸脱していたような気がしてなりませんでした。さらに、親権という権利についてひも解くと、歪曲した権利意識が知らぬ間に潜んでいたことが散見することが出来ました。反省です。

親だから、子供に何をしても良いという発想がそもそもの間違いです。いわゆる権利濫用という代物です。そうなると、親権者として失格なわけです。自分自身、親としてどこか権利濫用と利益相反的事象が起きていやしないかと慎重に過去を振り返ると間違いなく出て来ました。失格ですね・・・

結婚する前に、子供をつくる前に、学んでおかなければならぬことが実は山積していたのです。それは、憲法や民法の中に出てくるのですが、その基本的思想について国民の義務としてしっかりと把握しておかなければならぬ内容なのです。学校での教育のそもそもの目的はどこに置かれているのかが見えぬ中、憲法や民法にはしっかりと国民である以前に人間としての心構えが記しているような気がします。

今の時代、仕事をする目的、生きる目的が見えそうで見えなくなってきそうな中、改めて、法律を物語のように読んでみることも良いのかもしれません。目先の金銭欲ばかりに気持ちが捉われがちですが、それよりも大切なことがありそうです。親としての権利を主張する以前に親としての義務をしっかりと果たしてこそ親としての権利主張が成り立つのではないでしょうか。と独りごとをつぶやいている私でした。

明日も頑張るぞ!

昨日の様子・・・

JUGEMテーマ:日記・一般



こんにちわ。

只今、事務所からです。これから相談者がお見えになるまでパソコンと睨めっこをしていたところです。

写真は昨日の職業体験の様子です。子供達は好奇心旺盛に様々な質問をしてくださったのです。

今年は3校でした。正直、年々、受け入れ態勢は厳しい状況ですが、少しでも子供達に何かを掴んでもらえたらとの想いで来年以降も継続させてゆきます。

お客様が到着したようです。集中してお話しに耳を傾けます。 

本年度職業体験終了・・・

JUGEMテーマ:日記・一般


イトーヨーカドー何でも無料相談会

皆様お疲れ様です。

本年度の職業体験も今日が最後、無事に予定通りの行程を行うことができました。今日は北海道新聞社の記者もお見えになり子供達は取材を受けました。来週あたりにも記事に載るようです。

今年は3校から11名が事務所を訪れ、4社の会社が出来ました。仕事をすることの意味、学校での勉強する意味、子供達がそれぞれ何かを見つけ出したに違いありません。

私も、子供達の柔軟性を目の当たりにし、年々、硬化してゆく頭に鋭い刺激を受けました。子供達とほんの短い時間ではありますが、お付き合いできることは大変有り難いことです。

朝は事務所内清掃から始まり、会社設立に向けて子供達が議論を重ねて、具体化してゆくのですが、最初は緊張しっぱなしの表情が帰り際には自信満々かつ柔和な表情になり帰ってゆきました。

今日も充実した一日でした。職業体験が終わり、夕方からは七飯町のお客様を訪問、さらに、その後市内のお客様を訪問し、事務所に戻ったのは午後9時過ぎでした。

明日は8時前からスタートです。市内のお客様を2軒ほど訪問し、午後は事務所内にて相談業務です。夕方近くには帰宅できそうですが、果たしてどうなることか・・・ですね。

今日は早めに休むことにします。疲れがとれないのですね・・・歳のせいでしょうね・・・苦笑

職業体験Vol.2

JUGEMテーマ:日記・一般

 

皆様お疲れ様です。

明日は第二弾中学生の職業体験です。今週は明日と金曜日の二日間で二校の子供たちが訪れます。金曜日は新聞社の取材が入ることになっています。

第二弾も会社設立体験を中心に行ってゆき、子供達の日ごろの勉強の意味について少しでも理解をしてもらえることを目標に進めます。

受け身が多い傾向の中、能動的な行動を求めるには、そのための土壌が必要です。そのための土壌とは、トップダウン的な姿勢ではなく受容する姿勢をしっかりと築き上げていることと思うのです。子供達は自由な気風を感じ取ると次から次へと能動的な動きになってきます。

たとえ、失敗したとしても器の中での失敗なわけですから、怖いことは何もないのです。失敗を恐れる大きな原因は周囲の目を気にしているからに違いありません。事実、私もそうですから。しかし、どんな意見を述べようと、どんな見当違いな話しをしようと、本人が考えてきたことの証しですから、周囲が否定することは出来ぬはずです。

職業体験の醍醐味は子供達の朝の顔と帰り際の顔に大きな違いが出てくるのです。朝は緊張、帰りは自信という感じでしょうか。本人たちもどこか自分で考えて出来あがった結果について満足し、次へのステップに繋げようと言葉に出し伝えてくれます。こちらまでもパワーを頂ける最高の時間です。

明日は早めに事務所に向かい子供達を待つことにします。


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2777 最後に更新した日:2018/09/10

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング