〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

共存共栄

今日は本当にうれしい一日でした。仕事は舞い込むし、そして、「心の代書」自分史作成教室を開講するにあたり、良きパートナーに巡り合えました。その一人目

カフェテリア夕日の丘マスター工藤様


(本人に承諾済み)
この方は、旧函館検疫所を現在改装し当時の姿を生かしつつ、人に活力を与える憩いの場を提供してくださる方です。現在、改装作業中ですが、当方が「協力しますよ」と言ったら、「協力じゃない、共存共栄で進めようよ」と話してくださいました。また、自分史作成教室の場として使用させて欲しいと言うと、「どんどん使ってよ」とありがたいお言葉。工藤さんとは、勝手ながら心の面で共通する面が有ると感じ、感動に鳥肌がジーンと立ちました。来月の教室は始めてであり、どれだけの反響があるかは未知数です。
まずは、やってみようの世界で楽しみながら準備をすすめてゆきます。

午後からは、測量業務を頂いたお客様を提携土地家屋調査士と訪問し、今後の日程について打ち合わせました。ここでも、お客様からありがたいお言葉がありました。「一生つきあおうね」何にも代え難いうれしい言葉です。
仕事冥利に尽きるってこんなことかな。このお客様は測量だけではなく、相続がらみのお仕事でしたから、遺産分割協議書に基づき分割、そして、各相続人に所有権移転手続きです。考えようによっては、法定相続にのせて、一時は共有財産としておき、将来、共有物分割により、それぞれが持分
を持つといったことも考えられましたけどね。また、お客様は建築のお仕事をしている関係から、建設業登録のお仕事も頂いています。自分を認めてもらったという嬉しさがこみ上げてきました。

その後、農地転用を果たしたお客様を訪問し、そこのお客様であるお父さんがいい味を醸し出しているのです。端的に言うと、せっかちなのですが、物凄く気の回る方で、今日は、なぜか引き込まれるように訪問しました。
それが、絶妙なタイミングで喜んでいただけました。そのお父さんから学ぶべき事がたくさんあるのです。また、お母さんから「これからも度々寄りなさい。時期になれば野菜を食べてもらうからね」と…涙ちょちょぎれますね。
この後も、更に元気いっぱいでいて欲しいな。

そして、今日は気分がよいので、事務所の子とお客様のお店で一杯飲みです。
そこの社長からも「自分史教室をうちのお店を利用して」というありがたいありがたいお言葉をいただきました。その社長が

福田海産の福田社長です。バリバリですよ!


(本人に承諾済み)

ここの社長とは、バレーボール、学校PTAを通じてのお付き合いです。
もう何年になるかな?社長はバレーボール選手として現役です。いつも、背筋がきりっとしていて、尊敬する方です。こちらの会社は、海産物の製造、卸しを業としています。神戸、明石の業者の方ともお取り引きがあるようです。
第2回目の会場は福田海産の“ふくすけ”(小料理屋さん)で決まりです。

さて、今日の千人斬りは4名でした。これからも、幸せ与え人として、楽しんでお仕事をさせていただきますよ。

明日も楽しみにしていてください。
【19人/1000人】

倫理って?

今日は、朝から落ち着かない一日でした。
やることは期限を定めて進めないと時間がもったいない。何故か?
最近の身のまわりの出来事からして、往々にしてそう感じるのです。

来月から法律がいくつか施行されますが、時代背景を如実に反映していると思います。動物愛護管理法は分かりやすい例かもしれませんね。
日本人の動物に対する考え方を過去から紐解いてゆくと結構興味深いものがあります。

犬や猫を食していた時代もあったとか。〜食糧難という時代〜
牛や馬を食すほか、今の機械器具同様に扱っていた時代。
                  〜一次産業中心の時代〜
モルモットや猿を医療のための研究材料として使用
                  〜人間の健康のため?〜
きつねやミンク等多数…毛皮に使用  〜人間の装飾のため?〜
         極寒の地では不可欠かもしれませんが犬や猫等の小動物を愛玩(ペット)として飼育
                  〜少子高齢化社会〜
いわゆるペットを商取引としての客体として
                  〜商取引の多様化〜
いろいろとご意見はあるかもしれません。私は、動物を飼養することは可もなく不可もなくなのです。動物にだって命がある。今回、改正される理由は、飼う側の管理保管方法、売る側のモラル、それから、危険動物の取り扱いや管理保管についての不具合が様々な場面において顕在化されていることらしいのです。

これって、人間のモラルの問題ですよね。きっと…。飼っているペットに飽きたからどこかに捨ててくる。管理保管するのに維持費が嵩むから捨ててくる。これって、どうでしょ?

実は、今日はあるペット業者さんとお会いして、動物取扱業の件でお話をしてきました。その方曰く、「中にはとんでもない業者もいて、本当に動物を愛しているのかわからないよ。動物好きってのは基本的に悪い人はいないはずなのにね。金しか見えていない。」とバサッと斬っていました。

どんな場面でも倫理という言葉をよく耳にします。倫理ってなにかな?
一言では説明が難しいでしょう。倫理が形骸化されないためにはどうしたらよいのかな?法律で規制するしかないのか?仮に処罰されても、人自体が変わらなければ意味が無いような気もします。勉強勉強ですよ…

近所のたんぽぽ


ところで、先ほど、私は地域の小学校PTAの顧問という大それた役を引き受けておりまして会議に参加してきました。
IT社会を地でゆくような“衝撃”を受けました。というのも、携帯のメールに緊急情報等を各ご家庭にメール配信するというものでした。
恐らく、当地では初のシステムとなるのではないでしょうか?
確かに素晴らしい…けれど、世の中が悪い意味で発展している証とも思え複雑な心境でした。日本は治安が良い国との他国からの見方がありますが、そうかなぁ?

帰り際にある親御さんから「中学校で忘れ物をしたら取りに返されるけれど、その途で事故があったら誰が責任を取るのでしょう?家庭訪問で先生に言ってやりましたよ。おかしいとね。」と言われました。でも、そりゃそうだねと素直に応えることができませんでした。
だってね、忘れ物をすること自体がどうなの?子供の身を案じることは親として当然でしょうが、その前に、忘れ物という危険因子を親がしっかりと親の責任で子供を躾けることが先決だと思いますがね。
甘やかすことだけが親じゃない、怒るのではなく叱りましょうよ。
そこの履き違いで答えは随分と変わってきますよね。子供が転んだっていいじゃない。起き上がるのを見届けてあげたら。
そこからしても、倫理の履き違えではないですかね?これだったら、学校の先生もたまったものじゃない。

さて、本日の「千人斬り」はお初にお目にかかった方は、3名でした。
今日も何とか無事に眠れそうです。
      【13人/1000人】


会話から学ぼう!

今日は、新たにお会いした方は2名です。それにしても、当地は狭い、そりゃそうですよね。地形からして、海に囲まれているのですから。いやいや、狭いというのは地形ではなく世間ですね。今日、お会いした方も、私が、突然そのお宅へ飛び込んで行ったのですけれど、あとからわかった話しは、私が
大変お世話になっている方の同級生とのこと。確率にしたら、もの凄く、低いはずなのに、それが、偶然ではなく必然に感じられました。
私の業は幅が格段に広いため、今回の目的だけではなく、外のことでも、カバー出来ると良いかなと思っております。
本当に初めてお会いした方でしたが、快くお話しを聴いて下さいましたね。
他方、もうお1人の方は、直接お仕事のお話しではありませんでしたが、みんなが幸せになることを願い、自分のこれからやろうとしていることをお知らせしてきました。
来月上旬に「心の代書作成教室」を開講する予定でして、少しでも多くの方に参加して頂きたいのですね。

ところで、今日は出会い、再会が重なった日でした。一期一会の気持ちでいつもお会いしている方々から、常に勉強という気持ちで会話を楽ませてもらっています。
午前中は、数ヶ月ぶりにお会いした北斗市内の建設会社のトップセールス&社内の重要なポストにおられるHさん来訪してくれました。この方も仕事についてしっかりとした考えをお持ちの方で、付加価値について語ってくれました。私も、役所を退職後からのおつきあいで、色々とアドバイスをして下
さったのです。有り難い限りです。

そして、お昼には顧問先である北斗市の会社を訪問し、副社長にお会いし、心の代書についてお話しをさせて頂きました。近日中にレクチャーさせて頂くことになりました。「自分の過去を振り返ると思い出したくないこともある」とおっしゃっていましたが、しかし、しかし今の会社を全国的に知名度を高められているのですから素晴らしいのです。結果には原因というより原点があってこその結果ですからね。素晴らしい原点ではないですか。
                       私も見習わないと・・・

黒い塊(笑)東社長!


さて、写真は、函館市内の日浦建設さんの東社長です。(本人承諾済み?)

この方とは、1時間のうち仕事の会話は5分、残りの55分は「夢」についての会話です。55分が12分位に感じてしまいます。常に世間で起きている事象を的確に捉え、そして、今の風潮や流行をしっかりとお勉強されていることには本当に脱帽です。
また、気持ちが熱い熱い!このままだと、今年は事務所にエアコンを設置しないと社長と会話が出来なくなるかも・・・
今日のお題目は「血脈」「嫁に往くということ」「本気って?」本気は無かったか(笑)どれもこれも仕事に相通ずる話です。今度、このようなお話しを楽しみたい方は、どうぞご参加下さい。
【10人/1000人】

生きてるってすばらしい!

函館山から当別方向


もし、死期が知らされたらどうなるかな?
今日一日真剣に考えていました。
もし、これからやろうとしていることがあったらやれるかな?
もし、病床に伏してしまい気力が湧くかな?
もし、交通事故で死亡したらどうかな?
本当に今日は死について考えてしまいました。死は“絶対”ですからね。
よく、絶対に・・・なんてないよ。と極々普通に会話の中で使われているけれど、本当だろうか?

話が逸れてしまうのが私の癖でして・・・失礼しました。
実は、本当に私が若い頃からお世話になっている方が、入院したと聞き、午前中の時間の合間でほんの数分お見舞いに行ってきました。
病棟へ足を踏み入れた瞬間、何故か「もしや」という感覚にとらわれてしまいました。

病室を教えられ、入口付近へ行くと個室ではないか?何故?顔を見た途端唖然としてしまいました。これ以上言う気になれない。エレベーターで自然と涙が出てきてしまい、それからというもの、改めて生きていることのありがたさを思い知らされた数分だったことに感謝しています。

この方は私が若い頃からのおつきあいで、よいこともそうでないことも教えてくれた方です。とにかく、一見、ハぁ?という外見ではあるものの、相当の努力家で、ついに夢を叶えたのです。当時、転勤族だった私のところまで、わざわざ連絡を下さり、函館に帰ったときには、昔のたまり場で美味しいお酒を飲んだものでした。そして、私が転職したのを聞きつけ真っ先に飲みに誘ってくれたのもこの方でした。心の友と言っても過言ではありません。

今日は、点滴だらけの姿で、笑ってくれましたが、それが、辛くて辛くてすぐさま、改めて出直すねと言って出てきました。きつかった

直感ですが、死期を感じました。まだ、若くてこれからやることがたくさんあると言っていただけに、悔しい限りです。会話が出来るうちにたくさん話してこようと心に決めました。

ところで、今日は千人斬りに戻りますが、2名の方と名刺交換をさせて頂きました。一人は役所の方、一人はある役所を今年退職された方でした。
特に、退職された方はわざわざ当方を訪問して下さり、私が元の職場時代に相当お世話になった方で、これから、同業者になる予定?とのことでした。
是非とも、地元住民のためにベクトルを一つにして仕事を共にしたい方です。

今日は、生と死について考えさせられた一日でした。
1秒1秒が命を刻んでいると考えると、大切に自分の命を使わないとね・・・
生きてるってすばらしい

中学時代を思い出して

新五稜郭タワー


今日は、朝から小学校のバレーの準決勝があるというので試合を見に行ってきました。自分の子供はというと中学校でバレーをやっており、小学校には子供は通っていないけれど、気になるもので・・・結果は準優勝。
いつも思うのはあの小さい体であれだけのサーブ、パス、スパイク、ブロックと大人顔負けのプレーが気持ちよく、元気をもらってくるのですね。
がんばれ子供達・・・自分たちで世界を作ってゆけと言いたいな。

試合が終わり、午後から観光客気分でチビ助を連れて函館山、金森倉庫群を徘徊してきました。何せ、3人子供がおり、長女は高校1年生、二女は中学2年生、三女は3歳と歳が相当離れているのです。これで、三人目がいなければ、夫婦で何をしていたのかな?とふと考えていましたよ。
上の子二人とも、部活で休み無し。かろうじて三番目のチビ助が遊び相手となっています。

今日は行楽日和で、気持ちよい日でした。函館山からは、津軽海峡がすっきりと見え、下北半島、津軽半島がくっきりと目に映りました。
その後、我が母校(中学校)のすぐ傍に公園があり、何年振りかで足を踏み入れました。何とも懐かしい匂いがして、そこで、チビ助が遊んでいるのが妙に不思議な光景に映りました。

今も、公園は変わらず当時の匂いを醸し出していました。変わったのは、自分の年齢かな?今日一日有意義な日でした。

今日の出会いは、初めての方として3名。体育館で2人、函館山で1人。また、お会いする日を約束しました。今から楽しみです。

今日は土曜日・・・休日?・・・ではなかった

函館山夕景


千人斬りと宣言してから、今日も、誰かに会わなければという使命が根底に沸きだし、今のところ順調です。今日の新規にお会いした方は1名でした。

さて、今日は、とある不動産会社社長と1時間ほどお話しをしました。会社を初めて丁度10年が経ち、これまで、60余名ほどの社員さんをたたき上げて、現在もステップアップしているとのこと。昨年暮れ、社員さんが退社し、今は社員一人と2人態勢で業務を続けている。
社長曰く「社員がいたときの売上と今現在の売上はほとんど大差がないんだよね。社員の人数が少ない分、一人あたりの業務量は増えて正直大変だよ。けれど、不思議と売上は変わらない。」とおっしゃってました。

これって、人間の深層心理ではないけれど、非常に興味深いし面白い!人数が多いからといって決して売上が顕著に伸びるものではない。大変、参考になるお話しでした。

午後からは、お世話になっている会社を訪問しました。そこでは、またまた嬉しい出会いがありました。フラの先生です。まだ、お若いのですが、目がとても綺麗な方でした。きっと、ダンスのほうも優雅な雰囲気で踊られていることが目に浮かびました。
また、心の代書の会で再会出来ることを願っております。
明日もよい出会いがきっとあることでしょう・・・

今日で3人/1000人です。

千人斬りスタート・・・

函館元町公園のチューリップ

昨日から、ブログを開設し「千人斬り」なんて銘打ったところ、友人知人から苦笑をかわれてしまった。
さて、今日からいよいよスタートです。今日は、名刺交換を2枚・・・これが多いというか少ないというのか考え方は色々です。自分とすれば、二人の方としっかりとお話しが出来たわけで、お互い印象には残った?でしょう。一人の方からすぐに業務についての相談をしたいという方を紹介してもらいましたから。人って有り難いですよ。「心の代書」も順調に進んでいる状況です。
午前中に突然電話が鳴り、誰かと思えば、今年某役場を管理職で勇退された人生の大先輩からでした。この方は、いつも謙虚な姿勢で仕事に打ち込まれていらっしゃったことが退職時のご挨拶状からもひしひしと窺い知ることが出来ました。若輩者の私に対しても本当に気を遣ってくださった方です。この方も、行政書士として第2の人生を送るかどうかを現在思案中とのことで、私にわざわざ連絡をして下さいました。
現在、心の代書をスタートさせるにあたり、この方に是非とも勧めようと思っています。
今日の出会いに感謝、明日も誰かに逢えるだろう・・・そして、その方から学びたい・・・毎日が勉強です。

ブログ開設記念



事務所のホームページが開設され、自分の書き残しておきたいことを載せる場所が無かったので、ブログに綴っていくことにしました。自分が現在までに出会い、お話しをしたことがある方々の人数を数えたことがあり、すると、記憶に残っているのが900余名・・・自分が住んでいる町内会の人口よりも遙かに少なかった・・・きっと、それ以上はいるはずなのだけど、記憶に残っている人数が異様に少なく感じたのは自分だけか?
今まで、42年も生きてきて、単純に人数/年でゆくと、21.42名、さらに365日で除すると一日当り0.058人…少なすぎるような
自分に良い意味で負荷をかけ、明日から何日目に1000人に達するか?決して、期限は設けないこととする。


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2778 最後に更新した日:2018/03/01

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング