〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

親のありがたみ

こんばんわ。今日は天候も芳しくなかったこともあり、朝から、しっかり休養と心に決め自宅でゴロゴロしていた。
久しぶりの休養でした。
今朝、私の母親が「自然体ほど難しいものはないかもね」なんてことを言っていた。まさか、自分のブログを見たわけじゃあるまいし…ブログなんて言葉も知っているはずもない。
何のことでそういうことを言っているのか?私の娘に向かってのことだったようだ。ばあさんが孫に言っていた。焦るなということらしい。

自分も昔、今もだが、親父からは無理してはかえって物事を難しくすることになりかねない。力むなと…
いつまでたっても親は親、最近、親父は随分と縮こまった気もするが、逆におふくろはヤバイくらいに元気になってくる。
家では、自分は肩身の狭い思いをしているかも?うちの妻とおふくろが時としてタッグを組んで急襲してくることもあるからだ。

それはそれでよいのかもしれないな。嫁姑のよくある関係ではないから、その分気楽かもしれない。

小さい頃の話を親父はこのごろ思い出したように、食事の最中に話してくる。きっと、昔の良き時代を回想しているのか、それはそれで、寂しい気もする。

以前、大腸がんで手術をしており、今は全く問題なく元気でいる。その時も百パーセント本人に告知をしたところ「しょうがねーべや」で答えは終わった。「もし、結果がだめで生命維持装置なんてことになったら、そんなものは使わないでくれ」といわれたのが今でも耳に残っている。自己意思決定というやつか?
親父のモットーは「ケセラセラ」。だから、なるようにしかならないからだめなときはそれでOK! 今こそ、仕事は一線から退いたが、それでも、好きな山菜取り、釣りに夫婦揃って出かけている。二人揃えば今も現役で夫婦喧嘩をしているが、やはり仲が良いのだろう。

言葉には出さないが、「おめーら夫婦も仲良くやれよ」と語ってくれているのかもしれない。いつまでも、元気でいて欲しいなと、改めて思いを強くしている。親がいたから今の自分、そして、子供がいるんだな。当たり前か…

今日は、誰にも会いませんでした。
        【23人/1000人】


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2778 最後に更新した日:2019/07/17

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング