〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

職業体験第4弾

JUGEMテーマ:日記・一般

おはようございます。昨晩は大変遅くなってしまったものですから、今、ブログをアップします。今日は中学生の職業体験第4弾となり、子供たちがやってきます。また、オブザーバーとして市内で商売されている経営者もやってきます。
さて、今日一日どんな具合で進んでゆくのか楽しみですね。
まずは、しっかりと本業と並行しながら体験業務を行ってゆきます。

職業体験第三弾無事終了・・・

JUGEMテーマ:日記・一般


今日も今年第三回目の職業体験の子供たちがやってきました。これまでで最も多い10名の中学生達。午前中だけの職業体験でしたが、まずは、無事終了しました。事務所のスペースとして10名が限界かと思いましたが、なんとかなるものです。

今から、子供たちに少しでも行政書士業務というよりも、仕事について興味を抱いてもらえたなら、受け入れ甲斐があるものです。午前中だけでは正直なところ体験している意味があるようでないようで・・・微妙な気がします。
まずは、子供たちも笑顔で帰ってゆきました。

午後からは、通常業務でした。週明けには申請や農地、会社設立が完了してくるでしょうから、社労士や税理士の先生にいったんはバトンタッチをする予定です。それにしても今日は不思議なことが幾度もありました。幼少のころお世話になった近所のおばさんから突然連絡があり、どうしてもというので訪問すると、その相談ごとが色々なつながりが海を渡り見つかったのです。

妹分であるおばさんの子供さんと近日中にお会いする予定となりました。そして、就職についてもしっかりとフォローしてゆくことになりそうです。本当にお世話になったおばさんですから、少しでも支えになれるよう頑張ってご恩返しができたらと思っています。色々な繋がりが繋がりを呼ぶものです。本当に不思議な感じがしました。

また、昨日、何気なく「そういえば、あの社長はどうしているだろうか?」と心の中で囁いていたら、その社長からお電話を頂戴し、また、突然、ある役場に勤務している方が事務所にお見えになり、さらに、先日のご縁パーティーで久々の再会を果たした方と再びお会いするなど驚きの一日でした。

明日は、午前中はチビの関係で学校へ行き、正午には今まで会いましょうと言い続けて実現していなかった方とお会いし、その後、札幌へ行くことになりそうです。当初は旭川まで行く予定でしたが、どうしても時間的余裕がなく今回は見送ることになりました。

ところで、今日も何とか元気で動くことが出来ました。中学生たちの言葉を借りると「自分のために・・・」を前提としてやりたいことをやると決めたことを確実に行動に移すことが悔いを残さずに済むはずです。子供たちから、周囲の方々から自分の立ち位置を知らされた気がします。あと10年と少しで60歳となります。きっと、あっという間でしょう。だからこそ、一日一日が日を追うごとに大切度合いが増してきます。明日も頑張ります。

敬老の日の出来事

JUGEMテーマ:日記・一般

久々のブログです。昨日は敬老の日ということで、三番目の娘が小学校でやっているスクールバンドが市内のデイサービスの施設に出向いての演奏会ということで裏方として付き添ってきました。

おじいちゃんやおばあちゃん達が多くいる中での演奏ですから、会場もお察しのとおりの広さですし、果たしてどうなるのかと思っていました。

利用者のひとりであるおばあちゃんが、子供たちの自分の持ち場の準備を整える姿を見ているだけで涙している姿にはこちらまで泣かせられました。

いよいよ、演奏がスタートすると同時に早速感動されたのか、多くの利用者さんが涙を流されていました。こちらまでもがグッときてしまいましたね。数曲を演奏し、時折、子供たちと利用者さんとの掛け合いも面白く、あっという間に時間が過ぎてゆきました。

アンコールとなると、おばあちゃん達から「荒城の月」や「月の砂漠」なんていうリクエストがあったりで、子供たちは目をクルクルさせていたのが可笑しかったのです。私も、正直どんな曲のリクエストがあるのか興味津々でしたが、おじいちゃんやおばあちゃんは外さないでくれました。真剣にリクエストしている姿を見ていると、どことなくホッとします。

演奏の全てが終了すると、交流会が行われ、自分の孫よりも小さい子供たちと会話をしている姿は幸せな表情を浮かべ、「生きているうちにまた聞かせてね」という声もありました。

子供と高齢者の交流は大変有意義で子供たちも多くのことを学んだことでしょう。それにして、リクエストの選曲は面白かったなぁ・・・笑



 

明日は職業体験

JUGEMテーマ:日記・一般

明日は、今年度初の中学生の職業体験です。昨年は事務所移転等により子供たちにはご迷惑をかけてしまいましたが、今年は新事務所での職業体験ですからのびのびやってもらおうと思っています。

今月から再来月まで毎月子供たちがやってきます。当事務所の恒例行事ですから、毎年、目新しいことが出来るよう心がけています。明日は会社設立はもちろんですが、外勤もあるため役所へ連れ出そうと思っています。

実際に、ここ数日、立て続けに新規業務を受託しているものですから、その中からピックアップして子供たちにお知らせすることも考えています。

今日も風俗関連、文書作成、相続、遺言の見直し、建設業、会社設立が入っており、明日は相続を数件受託する予定です。また、当事務所では初めてとなるマッチング業務も並行して進めてゆくことになっており、これが順調に推移すれば今後の新たな事業として展開できる可能性があります。

何のためにこの行政書士をしているのか?やはり、原点に返れば答えは明確です。子供たちにもしっかりと伝えておこうと思います。来月の職業体験の時には新聞社へ取材依頼をします。

ところで、今日の午前中は月曜日に受託した文書の納品をし、午後からはお客様を数件訪問し、その合間で会社数件を訪問してきました。そこで、会う方会う方に言われたことは、「どうして、そんなに精力的に頑張っているの?」や「これから何か一緒に事業が出来れば楽しいね・・・」ですとか、「仕事の幅が本当に広いお仕事ですね」など、背中を押してくださるお声をたくさん頂戴した一日でした。

さらに、関西からもお電話をいただいたりと、今日は嬉しい一日となりました。明日の朝、起き上がる時に心臓が無事に確実に動いているとはだれも保証してくれません。だからこそ、この一瞬を大切にしたい。また、誰かの役に立ちたい。その一心です。

また、お客様方からは事務所スタッフに対しての応援メッセージもたくさん頂戴しています。本当にありがたいのです。

今日、お会いした福祉系のお仕事に就かれている方から、「将来が不安です。今さえ良ければそれでいいのでしょうか?どうも世の矛盾がひしひしと目に見えてきているのが不安です。不安とは自分の職業がというのではなく、利用者の将来を見据えたときに本当にこれで良いのだろうかということです。毎日が自問自答と葛藤の繰り返しです。だから、松田さん、何か考えましょうね・・・」と言われたのでした。

もちろん、私だって依頼者からの業務を通じ、それらを俯瞰すると様々な疑問点にぶつかることは山ほどあります。しかし、見方を変えてゆけば、何かしらの方策が新たに発見できるものです。これこそが醍醐味というやつです。だから面白いのです。様々な業務を俯瞰してゆくとマッチングというキーワードにぶつかります。これですよ・・・笑

山あれば谷あり・・・けれど、谷だって見方を変えたら山なのです。

明日も頑張りますよ。職業体験の様子をご覧になりたい方は遠慮なく事務所まで来てください。ただし、ペットボトルのお茶持参でお願いしますね・・・冗談ですから。

文章が乱雑になりました。行政書士のくせに・・・と言われそう。反省・・・
 

遺言、後見…そして子ども

今日も朝から夕方まで高齢者にまつわる相談や業務依頼が続きました。この傾向はまだまだ続いてゆくことでしょう。

時代の流れと言えばそれまででしょうが、時代が変わっても不変なことが絶対にあると信じて疑いません。その不変であることが不変でなくなったことに虚脱感すら覚えてしまいます。

その不変なことに何とか回帰出来ぬものかと模索し葛藤していても、それ以上にやりきれないのは周りの人間ではなくご本人なのです。

どう足掻いても誰しも必ずやってくる時を想定すると、今、当たり前にやるべきことは明白でしょう。 ところが、この話題以上に考えなければならぬことが???

少子高齢化の中の少子のことなのです。函館市内の以降五年後の児童生徒の人口は一年で一千人以上も減少するようです。この潮流のまま年を経てゆけばどんなことが起きるでしょうか?

この対策は地道ながらもあることを継続してゆかないとなりません。これば我々に課せられた大きな課題でしょう。ここでは敢えて具体的なことは書きませんが一人ひとりが考えなければならないことなのです。

高齢者対策は当事務所の課題でありますが、一方では少子化についても追求しなければならぬ課題でもあります。

明日も本気で業務に臨みますが、時に流されることなく常に問いかけ自戒しながら関わってゆきたいものです。


講演無事終了

JUGEMテーマ:日記・一般



自宅のパソコンがクラッシュしたため、どうしても事務所内でブログをアップすることになっています。大変恐縮です。

さて、つい先ほど、函館市内の上湯川小学校において「お仕事」というテーマにて講演してきました。我々も地域の一人、少しでも子供たちに何らかの考えるきっかけになってもらえたらという想いでお話しをしてきました。

小学生にお話しするという難しさを痛感しましたが、こちら側にとっても大変良い勉強になりました。今後とも、継続してこのような講演を進めてゆきますよ。
 

小学校へ・・・まだまだ準備不足か

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は早めにブログをアップします。まだまだやることがあるので・・・

明日は七飯町大沼へお客様訪問、午後一番でお客様来訪、午後4時頃にお客様来訪、午後6時30分にお客様来訪・・・

今日はといいますと、新規業務を3件受託させていただき、早速、取り掛からないとなりません。また、建設業新規許可申請も無事受理され、さらに、風俗営業許可申請の現地調査も無事終了とあいなりました。

ところで、明後日木曜日の午後からは市内の小学校において講演してきます。小学5,6年生対象としたお話しです。つい先だっては八雲町野田生中学校にて薬物乱用防止教室を行ってきたところですが、今回の小学校では子供たちの目線からのお話をしてきます。

小学生を対象とした講演は初体験であり、どんな反応が来るのかが大変楽しみです。子供達からいつも教えられることは何かと言いますと、素直な感情でお話を聴いてもらえる姿勢です。この素直とは私のように目が濁り始めた者にとっては効果ある薬なのです。

何か行動しよう、しかし、なかなか結果に繋がらない。そんなとき、往々にして何かのせいにしてしまう傾向があったり、あるいは、自分はこれで十分という維持的発想、さらに、本気で結果を望むのならその結果を打ち出せるための本気さが備わっていないなど、様々でしょう。

いつも、いつも、反省ばかりですが、やはり、自らが望む結果を求めるには、本当に自分自身が望んでいるかどうかのいずれかしかないように思えてなりません。もちろん、結論付けされるまでの経過途中では色々な壁や想定外のことが起きたりもします。けれども、それにも耐え得る位の気概をしっかりと持ち合わせていれば、案外、大したことはないはずです。

子供たちは、最初から諦めるかといえば決してそんなことはないはずです。時代が変わったとしても子供本来の目に輝きは失われていないと思います。失わせると言えば、我々大人の責任といっても過言ではありません。明日も、責任持った行動を確実にとり、お初にお目にかかるお客様との出会いを今から楽しみにしています。
 

独り言2

今日も一日お疲れ様でした。事務所内もひときわ慌ただしくなってきました。4月に向けての新体制の準備です。

今年は第二創業期との位置づけで様々なことが大きく変わる一年です。
何か起こそうとする時には、必ず開業当時を想い出すようにしています。様々な想い…そこには一抹の不安と微かな期待とが入り混じった感情でした。
ベースになるものは何も無く、頼るものもほとんど無い状態でしたから。しかし、無いなりの開き直りが逆に自分を奮起させていたように思います。

本気と書いてマジは伊達ではありません。本気ですから。ある時、目の前で飛び降り自殺を目の当たりにした時、私の人生観が変わってしまいました。
私自身もいつなんどきどうなってしまうのか皆目見当はつきませんが、今の一瞬を悔いなく生かさせていただこうと、さらに、いつもが後悔しない生き方が出来るよう日々の人間形成に向けての研鑽は不可避です。
また、自分自身に限界を設けないことも研鑽には無用です。今朝もお取引先の社長と役員の方々がお見えになり、なんと事務所スタッフに間接的オファーが舞い込みました。
この結果に至るまでの経過として、我々専門職としてどうしても譲歩できぬ部分があり、彼女はそれを完遂したことの評価であると信じて疑いません。事務所の仲間が評価されることは私としてこの上ない喜びです。本人は顔には出しませんが嬉しさでいっぱいだったことでしょう。
紆余曲折するも経過が楽しくもあり次へのステージが開けてきます。今回のことは依頼者にとって適切なアドバイスを依頼者の立場に立って本気に関わった証です。私も奮い立ってきたことは言うまでもありません。

明日も闘いです。本気で闘います。絶対に妥協はしません。

決めたこと

JUGEMテーマ:日記・一般



ついつい、日が明けてしまいました。今日は町会の役員会があり、それが終わった後、久しぶりに早めに帰宅することが出来ました。

家に着くなり、三番目の娘が玄関を開けてくれ、喜び勇んで「お父さん、選挙に入ったよ。書記になったんだ。」と意気揚々と話してくれたのでした。以前、子どもから「児童会の書記に立候補するからね」と言われていたのですが、まさか、本当に立候補するとは・・・決して我が子を信じていないわけじゃないのですが、それが事実だったのです。

チビにはチビなりの考えがあるようで、たとえそれが良い結果に繋がらなくとも自ら決めたことを本気で実行してくれたらそれでよしと考えていました。ところが、まさか当選するとは思ってもいなく、いえ、私自身自分のことで手一杯だったこともあり、正直頭から抜けていたのでした。(とんでもない親ですね。反省)

けれども、自分でやると決めてやり遂げたことに対して、久しぶりに頭を撫でてやりました。本気で喜んでいましたから。私も嬉しい気持ちになったことは言うまでもありません。一度やると決め、決めた以上責任をもつということに心を打たれたのでした。別に落選したって構わなかったのです。

私自身、行政書士事務所を運営しており、次々と何らかの作戦を計画し、それこそスクラップアンドビルドの発想でまずは理屈ぬきで行動しようとこれまでやってきました。それが、案外スクラップにしたケースは少なかったのでした。やるとなったら動かなければ物ごとは進みません。物ごとを進めるには何かしらの強い想いがあって、そこでようやく結果が生まれてくることを少しは分かってきた「つもり」です。

その前提にある目的や目標があるのは当然ですが・・・何も目標もなくただ漠然と漫然と時間を過すことは浪費以外の何物でもありませんから。

チビから改めて思い知らされたことは、やると決めたら最後まで貫徹するという意志です。子どもですから、そこは間違いなくそんな大そうに考えてはいないでしょうが、今の私の視点からすれば、そのように解釈できるのです。昨日、お会いした方々、これまでお会いした数え切れないほどの方々から常に学ばされていることに対し感謝以外の言葉は出てきません。

今の現状は、自らの行動の結果であるという責任感を新たに抱き、明日以降の生き方に反映したい・・・そう断言します。いつどうなるかそれこそ分かりませんからね。

子どもの生活を考える会

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は夕方から競輪場のテレシアターにおいて、函館市内小中学校のPTAの行事が行われ、私も参加者の一人として参加してきました。

とはいっても、今日は、各ブロック毎の活動を発表するのですが、私が会長を務めている学校が当番校となっており、活動発表の大役を仰せつかった次第です。

テレシアターには天候の影響もあいまってか、満席とはなりませんでしたが、それでも会場の8割強は埋まっていたように思います。

さて、子どもの生活を考える会は、発足以来31年を迎えたようで、私が高校生の頃に発足したことになります。随分と昔から活動をしていたのですね。

発表はともかく、講演には大変興味深くお話しをお伺いしてきました。市内には地縁団体と呼ばれる町内会が組織されており、ある町内会では「いじめや虐待」を撲滅するために、町会役員が中心となって、子どもたちに対して少しでも役立とうと組織されたようです。

そのきっかけになったのは、同級生らによる殺人事件が立て続けに発生したことを受けて、地元の町内会がこの事件を絶対に風化してはならないとのことで、さらに、昨今、いじめや虐待が横行している中で、子どもたちの受け皿になろうと発足したようです。

市内の各町内会の傾向として、最近では、町内会員が激減していおり、町会役員の平均年齢が格段と高くなってきています。町内会組織のそもそもの目的は何なのか。これは、PTA組織にも同じことがいえそうです。

私が思うには、昔から存在する町は歴史があり、そこにしっかりと定着している住民がいるわけで、ところが、分譲され新たに街区が形成されたところでは、人間関係はこれからなのです。考えすぎかもしれませんが、最近は世知辛い時代ですから見知らぬ人に声をかけるほうもかけられるほうも警戒してしまうことは当然かもしれません。

大人がこのような状態ですから、当然ながら子供達にも自然とその考え方が身になってゆき、本来、子どもらしい分け隔てない声が出てこなくなることは当たり前かもしれません。

今日の講演を拝聴し、先ずは、自分自身が心を開くことこそが今求められていることかもしれないと反省しておりました。家族でも、職場でも、学校でも、人が集まるところに、「笑顔」や「歓声」があることで、随分と気持ちにも変化が出てくるのではないでしょうか。

皆が前向きな表情と発想であるところに、ほんの一人でも正反対の発想や無愛想であると、一気にマイナスに向いてしまいます。このことは、人間関係の基本中の基本ではないだろうかと。笑顔あるところに犯罪は起きないといっても過言ではないと思うのですが、いかがでしょう。

日常生活、学業、仕事、どれをとっても共通することは一人よがりで物事は進まないと断言します。いじめはもしかすると我侭?自信の無さ?などがひとつの要因かもしれません。れっきとした大人の世界でも事実、いじめは起きていますから。まずは、自分自身を知ることが大前提ではないでしょうか。

エゴ、傲慢な態度は、自分が気づかぬうちに他人はしっかりと見ているということを肝に命じて明日も仕事に臨みます。自戒ですね。 


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2777 最後に更新した日:2018/09/10

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング