〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

令和になって初の投稿か

JUGEMテーマ:日記・一般

函館山夕景

(この写真はブログを開始したときのものです。風景は変わらず・・・)

 

元号が令和に変わり、既に3カ月が過ぎようとしています。地元、函館市は、2年後に9億円の税収が減少するとか・・・当然、人口も減り続けており、街中はシャッター街となり久しく、歴史ある老舗のお店は閉店し、函館らしさが薄れつつあることを感じているのは私だけでしょうか。

 

行政書士事務所を開業し、15年目に突入したところですが、世の中は日進月歩と著しい変化があるにも関わらず、どうも、うちの事務所は旧態依然としているような趣で、40台の頃とは異なり、正直年齢を感じているところです。これに負けじと言い聞かせているものの、なかなか結果となって顕れていないもどかしさも見え隠れしています。

 

開業当時の気合や前を見据えての気概は、今も変わらずと言いたいところですが、案外、見落としている何かがあるのかもしれません。原点回帰とひと口では言うものの、なかなか難しい側面があることも事実です。しかし、これで諦めるつもりは毛頭ありません。誰のために、仕事をしているのか?そして、それがどのような効果が表れるのか?このことは昔と何ら変わりはありません。

 

開業から今に至るまで、お会いした方々の人数は、既に20,000人近くに上っています。これは、決して大袈裟な数字ではありません。これ以上の方々はヤマほどいるでしょうから、これからもいつまでこのお仕事を続けられるか分かりませんが、着実に伸ばしてゆく所存です。本気と書いてマジとよぶ・・・このテーマも不変です。

 

挨拶しても、返ってこない・・・そんな士業者にはなりたくありません。気取っていてもなんの得にもなりません。やっているつもりは、あくまで、つもりであって出来ていないことを自覚しなければなりません。目先に囚われず、ずっと先を見ていなければなりません。しかし、死のタイミングは今かもしれませんし、この後かもしれません。いつそのタイミングが訪れてもいいように今をしっかりと本気で生きていなければなりません。

 

自分の気概や気合を高めるためには、やはり日頃の学びは欠かすことが出来ないと改めて実感しています。固定は安定ですが、醍醐味に欠けるでしょう。それよりも、ひとつひとつの物語を完成させるべく、人間らしく過ごしてゆきます。これ、自分自身に対する宣誓です。15年目・・・区切りと考えているあと5年は何が起きるでしょうか?まずは、健康第一ですね。


コメント
コメントする








   

 

profile

profilephoto 書いた記事数:2778 最後に更新した日:2019/07/17

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング