〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

人は人、自分は自分

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

先週の地震から数日が経過しました。自然には逆らえぬことを随分以前にもこのブログに書いた記憶が有ります。特に、今回は北海道内に於いて大停電になったことが挙げられますが、そのことよりも関西では先週4日から現在に至るまで約1万戸弱の世帯で停電がなお続いています。たった、二日ばかりの停電でしたが、それ以上に生活に支障を来たしていらっしゃる方が多数いる事実も忘れてはなりませんね。また、台風や大雨により被害に遭われた地域と人々のことも然りです。

 

さて、先週の停電時には、いわゆるデマが飛び交いました。函館では、午前10時頃から断水とのSNS上での情報が流れ、水を買いに走る方々でごった返したお店もあったとか・・・。ただ、街の中を振り返ると、断水が起きるのであれば、自治体による広報が行なわれるはずが、一向に聴こえてこなかったのです。根拠は何か?と問えば、SNSでの情報だと。では、SNS情報の根拠はといえば…???なわけです。

 

何故?役所に確認もせず鵜呑みにするのだろうか?と疑問を抱きつつ、水道局で行き直接確認すると、役所への問い合わせが余り無いのか担当者は「断水はありません。どこからそのような情報が出たのでしょうね。」と疲れた様子は感じられませんでした。そこから感じたことは、問い合わせが少なかったのではという推測が働きました。

 

仮に、断水が起きたとして、一体何が不都合になるのでしょう。その根本を蹴飛ばして、とにかく水水水と走る人々の姿を見ながら不自然さを感じてしまいました。携帯電話の充電もそのとおりで、いわゆる高齢者にとってはライフラインであるところ、ゲーム機に充電させる保護者、保護者ですよ。ゲーム機はライフラインなのでしょうか。批判ばかりしているように思われるかもしれませんが、余りにも利己的過ぎやしないかと情けなくなってきたのです。

 

仮に、携帯電話が繋がらなかったとして、どんなことが不都合でしょうか?

それであれば、足を使うしかないわけです。私が、小さい頃には計画的な停電や断水がありました。当時はライフラインを敷設する作業のためかと思います。突然の停電や断水が起きることで、物事の本質を忘れ、我先にと急いでしまい、その結果、余剰の水を捨ててしまうなどのことが起きたりするわけです。本末転倒です。

 

とはいえ、人間にとって水は不可欠な要素です。これは本当に生きるか死ぬかの問題になるわけですから、日頃からの気構えが大切なのでしょうね。何だか、支離滅裂になってしまいましたが、物事の本質を見極めた上での行動が望まれるのではないのでは?と思った次第です。最終的に生命を維持すること。そのために何が優先順位かを普段から想定しておく必要が有りそうです。


コメント
コメントする








   

 

profile

profilephoto 書いた記事数:2782 最後に更新した日:2018/09/10

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング