〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

息せき切っているわけではありません

JUGEMテーマ:日記・一般


 
またまた、しばらくぶりのブログアップとなります。ここのところ、ずっと毎日残業残業続きでして、それはそれはありがたいことなのですが、自分自身が手を付けたいことがなかなかつけられないのでした。50歳になり半年を迎え、この半年間はどうだったのかと総括してみると、やはり思い通りの行動が出来ていなかったということに尽きます。

それは、自分自身の心の持ちようが結果として現れることを具現化しているのです。50歳を迎え、いよいよ今まで以上に本気にならないとと言い聞かせたものの、まだまだ成果には至っていません。それでも、ここ最近はお客様からもお取引先の方からも何かしらの後押しがあり、何とかこれまで半年間やってこれました。

もちろん、事務所のKAZUMIも一所懸命に、時折、仕事を通じて涙することもありますが、それくらい純粋な素直な気持ちで臨んでくれています。彼女は駆け引きなしに真正面から様々な未だ慣れぬ業務であっても向き合っています。その健気な姿は、私の気持ちをも奮起させてくれています。

実は、KAZUMIは前職の後輩の奥様で、彼らが結婚する前から知っていたのでした。かれこれ、20年以上のお付き合いになるでしょうか。今や、二児の母となり、話題も共通することが多々あるのでした。彼女から、「先生、生き急いでいませんか?死なれては、私はどうすればよいのでしょう。だから、少し息を抜いてください。私、頑張りますから・・・」と、真剣な眼差しで話してくれたのでした。本当に嬉しかったのですね。

だからというわけではありませんが、さらに今まで以上に本気で頑張らないと、自分自身のビジョンを達成できずに終わってしまい後悔だけが残るような気がしています。また、今日もあるお客様から、「先生と働く人物は大変だと思いますよ。だって、並大抵ではついてゆけないでしょう。」と言われてしまいました。

しかし、それって有り難いお言葉なのです。その方と会話をしていると何故か心が和みます。自分の気の持ちようで取り巻く人々も変化することは間違いありません。あなたは私の鏡ですから。ナチュラルな相乗効果が知らず知らずに起きています。おせっかいの仲間とも話していたのは、今日もみんなでお昼ご飯を食べられたことに感謝ですね。と・・・本当にそのとおりです。お仕事をさせていただいて、その対価を得、その対価でご飯をいただくことができた。

生きてゆくための糧・・・お仕事をさせていただけた結果・・・そのお仕事をさせていただくためには・・・本気でその方に何かしらの貢献を果たしたいという掛け値なしの強い想い・・・それに尽きるような気がしてなりません。
KAZUMIとも話していたのですが、将来はみんなでシェアハウスで死んでゆこうか?と・・・本当にそうかもしれません。KAZUMIだけではありません。周囲の方々も同じことを話しています。それが共済的発想であり、そもそもの福祉の源かもしれませんね。

明後日は、北見市、生田原町、留辺蘂町へ行き、土曜日には旭川市、札幌市に立ち寄りながら、営業と打ち合わせをしてきます。来週の週末には札幌市へ出張となりますし、タイトな時間割となっています。決して、息せき切っているわけじゃありませんし生き急いでいるわけでもありません。ただ、本気で・・・マジで・・・日々過ごしてゆこう!それだけなのです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

profile

profilephoto 書いた記事数:2777 最後に更新した日:2018/09/10

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング