〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

マニュアルなんて無い

JUGEMテーマ:日記・一般



毎週のことながら、今週もあっという間に金曜日を迎えました。今日は午後に何軒かお客様を訪問し、ある介護施設に立ち寄ると毎月定例の会議当日だったようでした。施設長からグッドタイミングということで新規事業に関する説明をしてほしいとのことで、ミニセミナーを緊急開催しました。

そこには地域の方々や包括支援センターの担当者など様々でした。今後は何かにつけお世話になることでしょう。また、新事業とのコラボも視野に入ることでしょう。ところで、今日の緊急セミナーには本当に焦りました。何せ、話すことの原稿すらありませんからね。とはいえ、いつものことながら原稿は準備しても、本番ではほとんどそれを読むことはありません。

今日の機会は、ある意味絶好の機会でもありました。何故なら、これまで温めてきた新事業に関して自分自身の考え方を推し測る絶好のチャンスでしたから。どれだけ、自分の中の本物になっているのだろうかというチャレンジと位置付けて臨みました。するとなんていうことでしょう。皆様目を輝かせているではありませんか。ビフォーアフターではありませんけれど、話してみると反応が凄かったのです。

今のところ、実践では数件の実務を行わせていただいております。また、現在のところ数件の案件をいただいております。今日も新たな案件の依頼がありました。何事もスタートダッシュが肝要です。新事業にはマニュアルなどありません。何かにつけ枠にはめたがるご時世ですが、枠は枠でしかありません。人それぞれこの世に生まれてきて、それぞれの個性をしっかりと発揮できる場も必要不可欠だと断言します。

何かに沿って物事を進めることは円滑でしょうが、実は、お客様に対して失礼ではないかと考えています。枠にはめた発想はお客様が求めていることをそれに当てはめてしまい、見方を変えるとこちら側のエゴによってお客様を振り回してしまうことになってしまうのです。私自身、わがままな人間ですから、枠にはめた形で物事が進められてしまっては疑問符が点灯すること必至です。

それであるならば、お客様が求めていることを一緒に考えてお仕事をさせていただくことがプロとしてのお仕事だと思えます。実は、昨日も困り果てたお客様が事務所にやってきました。ある広告を見て、色々なことが出来る事務所だと思い、問い合わせをすると、調べてみなければ分かりませんと言われたらしいのです。結局そこからは何らの連絡すらなかったようで、さらに困り果てたらしいのです。

人を介して当事務所にやってくると焦燥した表情で本当に困っていることが手に取って分かりました。何とか、出来る限りのことをしようと早速連携プレーの始まりです。今日の夕方にもご連絡をして今月下旬にも話が進んでゆきそうです。その方々とも、これからの新事業とのコラボレーションができることを期待して電話を切りました。必ずや前進できると信じています。明日も、いよいよ新たな手続きの開始となる予定です。これも早々に進めてゆくことになります。

マニュアルはお客様との会話から業務に関するマニュアルが出来上がってゆくものです。マニュアルは無くとも物事は進んでゆきます。人は生まれながらにして自由なはずですから。

関連する記事
コメント
自分のカラー出していきましょう!
  • 石田あや
  • 2014/05/23 11:13 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

profile

profilephoto 書いた記事数:2783 最後に更新した日:2017/10/26

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング