〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

シャンソンの夕べ

JUGEMテーマ:地域/ローカル



【三浦みどりさんとの夕べ】

今月27日に元町はクリフサイドさんを会場として、東京銀座マキシムドパリにて定期的にライブ活動を行っている、シャンソン歌手兼音楽教室主宰者である「三浦みどり」さんによるシャンソンライブを開催します。

主催は港の見える丘クリフサイドと“心の代書屋”行政書士松田聡事務所とがコラボレーションしての初の試みです。

昨年9月、ある講演会の講師として三浦先生をお招きし、翌日、クリフサイドを会場として当事務所主催の自分史作成教室開講に併せてミニコンサートを行って頂きました。函館の夜景をバックに歌ったことが大変印象深く、是非、また歌ってみたいとの希望があり、この度、自らの音楽教室の生徒さんを伴い、再び函館の地で歌って頂くことになりました。

連休初日ということもあり、少しでも函館市内の多くの皆様に楽しんでもらおうと企画し、皆様にお知らせする以前にあっという間に席が埋まってしまいました。

クリフサイドの店主星野さんとこれまで幾度となく準備を重ねてきました。星野さんも私自身も本業がある中での企画ですから、万全とまではゆかないまでも来場されたお客様には何かしらの「きっかけ」を掴んでいただけると幸いなのです。

日常の喧騒を少しでも忘れて、地元函館の夜景を楽しみ、私の拙い話を少しだけお付き合いいただき、料理を頂きながら参加者相互の親睦をかねて、アットホームな雰囲気の中で、三浦先生や生徒さんの歌を聴き、シャンソンを身近に感じてもらえたらよろしいかと思います。

ところで、「シャンソン」のそもそもの意味は、フランス語で「歌」を意味するそうです。ですから、これといって音楽的な特徴を指しての意味ではないのですね。カンツォーネもイタリア語での歌という意味です。シャンソンはフランスでの歌ですから、その中で感傷的なものもあれば躍動的なものもあるわけで、シャンソンを分類することができるのですね。

日本語でカバーしているシャンソンも代表的な曲に枯葉なんて有名ですね。私が知っているシャンソン歌手は、イブモンタン、エディットピアフ、サルヴァドールアダモ、クロードフランソワあたりですね。この私も、昔々函館市内のシャンソンのお店があり、貝山由紀さんというシャンソン歌手と「愛の讃歌」を歌った経験があります。生ピアノは最高ですね。出来得れば真剣に歌をお勉強して人前で自信を持って歌えたら素晴らしいでしょうね。

今は、本業のため全く時間がない状態です。当日は、私もささやかな骨休めになれたらいいななんて考えておりました。連休が始まりますしね。クリフサイドの星野さんも連休初日なので、当初、この時期はどうかと悩んでおりました。しかし、函館が好きだからという想いで何とか稼ぎ時の中、協力してくださいました。当事務所も少しでもご来訪されたお客様には何かしらの「きっかけ」を掴んでもらうべく、現在、事務所内で最終検討に入っております。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

profile

profilephoto 書いた記事数:2778 最後に更新した日:2019/07/17

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング