〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

会話

JUGEMテーマ:



会話・・・会って話すこと。そりゃそうですね。とはいっても、私が事務所を開業してからなのか、それ以前からなのかは定かではありませんが、「会話のつもり」「会話もどき」が横行している感があります。

私自身、メール等の先進的な道具は使いこなせずにいて、そもそもボキャブラリーに乏しいものですから、拒否反応を起こしているのかもしれません。せいぜい、使うにしても「これから戻ります。」や、「これから帰る」などの生活感あふれる内容が非常に得意ですね。

会話とメールやSNS等では、双方向か一方通行かといった大きな違いがあり、会話は事前に相手方に対してコンタクトを取るという前段階があるわけで、先日もある情報を送信したまでは良かったのですが、相手に届いていなかったということが事実起きました。焦りました・・・

ビジネスで用いる際には、やはり欠かすことができないことはどうしても電話等で「メールした・・・」といったワンクッションが出てきます。今回の事務所での件も送りっぱなしでは危険ということを再認識させられたところです。

そこは、原点、原則に立ち返り、直接会話をする、最悪面談できないときは電話連絡により会話をするということが大事でしょう。

ここ数年来の傾向は、メールにより意思疎通ができずに誤解を招いてしまうような場面が往々にしてありました。

私自身、帰宅時間が遅いのに加え、最近、老眼が一気に進んでしまったことで億劫になることもあります。やはり、直接的な会話は大切なのかと思えます。ここで、誤解しないで欲しいのは、メール等を頭ごなしに否定しているのではありませんということです。何ごとも適材適所ではありませんが、適当さをしっかりと把握すれば必要な方法は自ずと出てくるはずです。その前提と言うか入り口が会話ではないでしょうか。

ところで、先ほど、ようやく会話ができたことで一気に話が進んだ案件があります。詳細はここでは言えませんが、やはり、当事者が当事者同士のことを一番分かっているので、だからこそ会話は不可欠です。結果、最高の結果に繋がりました。これこそ、我々の業務の醍醐味であり喜びであります。双方、しっかりとしたラポールをとれましたから。こうでないと・・・

また、つい先ほどまであるお客様とお話をしてきました。必ず、光が見えてくると確信できました。大丈夫だよ・・・我々の直接的なお仕事ではありませんが、人間としてのおつきあいですから。〇〇〇ちゃん、自信を持って一緒に頑張ろう!と言っても、ブログを読んでいないかもしれませんが・・・苦笑

どんなことであっても原点は見失いたくはありませんね。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

profile

profilephoto 書いた記事数:2777 最後に更新した日:2018/09/10

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング