〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

風俗営業許可と助産施設

JUGEMテーマ:日記・一般

今日も朝からバタバタな一日でした。そして、急激な気温上昇により29度まで気温が上がり、湿度も100に近いくらいでしたから、超不快でした。そんな中、夕方からの講演では冷房が効きすぎて話しているうちは良かったのですが、終わって懇親会までの間は逆に冷えてしまいました。夏はこれだから体調が優れないこともあるのですね。今も、自宅内の窓はほとんどオープンにしている状態です。

 

さて、昨日の朝だったか、地元のFMラジオから「函館市内の助産施設の指定を受けていた病院が9月いっぱいで取り消しになり、新たに指定される病院がある」という趣旨のことが話されていました。これまで、函館市内の酒場?では、助産指定を受けた途端、風適法により、これまで営業していた風俗店が許可が下りなくなったのでした。

 

今回の件で、助産指定が終結することで、風俗営業許可を取れることになると、安易?に報じられていましたが、これはこれで、今後十分な事前調査が必要になるのです。そもそも助産施設がある場所(敷地)から半径100メートル内の区域については許可が下りないわけですが、助産施設がダメな根拠は何なのか?について、しっかりと理解しておく必要があるのです。

 

いわゆる保護対象施設についてなのですが、保護対象施設とは何を指すのかといえば病院や学校を指すのですが、さらに児童福祉施設も保護対象施設に該当してくるのです。児童福祉施設とは何かというと、児童福祉法第7条で規定されている11の施設のことをいいます。

 

これまで、助産指定を受けていたのは、函館中央病院と函館五稜郭病院の二カ所です。えっ?病院じゃないか・・・これって最初から保護対象施設に該当するのでは?と思われるでしょうが、指定を受けるまでは、たとえ病院であっても条例でカバーされていたのです。しかし、病院でありながら、指定後は児童福祉法に基づく施設という位置づけとなり、条例ではカバーできなかったわけです。

 

当時は、私も行政書士になりたてでしたから、その意味がよく理解できませんでした。しかし、色々と法律や条例を首っ引きにしてゆくと徐々にその全容が見えてきました。風適法に関する書物は種類が少ないため、なかなか理解し難い内容ではあるものの、他の法律との関連を確実に抑えなければなりません。

 

10月以降は、これまでの病院は指定が終りを迎えるので、許可は下りると思いますが、安易にその発想は避けなければなりません。何故なら、他にも保護対象施設がある可能性があるためです。保護対象施設の幅は結構広いため、これから風俗に関するお店を開店する際には十分なる調査を行ったうえで検討すべきでしょう。

 

以前、本当にあったお話ですが、不動産会社から賃貸物件を案内され、「ここは許可が下りますよ」という言葉を信用して、賃貸借契約を締結し、店内はスケルトンだったので、すぐさま改装工事に入り、完成後に警察署へ申請すると、保護対象施設が半径100メートル以内に存在し許可が下りないという事態になったようです。その後の当事者のトラブルは推して知るべしなわけです。

 

ですから、十分に事前チェックを行うことです。また、構造上、営業方法についても建物の形体によってはダメ〜となることが有り得ますからそれについても十分に法律等々を調べながら検討すべきでしょう。ちなみに生活安全課での事前チェックは行ってくれませんから、法律等を深めておくことです。

 

いやぁ〜それにしても暑いです。夜になっても暑いですね。暑さは夏を実感させてくれますが、今年の気温や天候の変化を見ていると夏という実感が湧いてきません。台風もありませんし、今年の気象はおかしな感じがします。

明日も朝からお客様を訪問し、その後打ち合わせをし午前中で何とか決着をつけたいところです。


「ある電話から」

JUGEMテーマ:日記・一般



先日、突然クレーム?如き連絡が入りました。

その内容は、「あなたは行政書士ですよね。あなたと同じ行政書士がね、昼頃に弁当を買うためだと思うが、横断歩道を渡らずに車道を堂々と横切っていた。一体何様のつもりなんだ。誰がどこで見ているかも知らずして・・・一体、どうなっているのか?」という趣旨の内容でした。

どうやら、その行政書士のことを知っていると思しき人物でした。私に言われてもどうしようもないというのが本音ですが、法令順守という言葉が頭を過りました。

我々は、お客様のご依頼により、様々な許認可申請書類を作成する役目、あるいは遺言や相続といった各種書類を作成するという役目、また、時にはお客様に寄り添って手続きを進めてゆくという役目、それこそ多種多様であるわけです。その多種多様の業務に対し、手続きあり気の姿勢がこのような日常の行動に繋がっているのかもしれません。

お客様はシビアに見ています。本当にシビアに見ています。だからこそ、身を律しなければならないのです。そんなことは敢えて言わなくとも備わっていなければならない資質なのです。子育てに置き換えた時、どのように伝えてゆくのでしょう。私は、今回の件で、日頃の行動言動思考が自らの首を絞めつけてしまう恐れがあることを教えられました。自らを戒めつつ、業務においても十分に気をつけてゆかなければと身を奮い立たせています。

その方から最後に「あなたに言えば、何とかなると思い電話をさせてもらった・・・。今後、何かあった時はあなたにお願いさせていただく」と言われました。よくよく考えてみると、実は、行政書士に対する期待もあったはずです。それでなければ、わざわざこのような電話をかけてくれないでしょう。実に有り難いことです。

明日から新たな一週間が始まり、再び怒涛の一週間となります。さらに海外からもお客様がやってきます。しっかりと肝に銘じて仕事を進めてゆきます。常に原点に立ち返らなければなりませんね。

生前整理、終活・・・???

JUGEMテーマ:日記・一般

しばらくぶりのブログアップです。ここのところフェイスブックにて近況を軽く軽く載せており、ブログを疎かにしていたことに反省です。さて、当事務所もなんと10周年を迎えることが出来ました。あっという間でした。多くの皆様に支えられ助けられここまでやってこれました。あらためて感謝申し上げます。

今年に入ってからというもの、休日らしい休日はなく、来月のお盆時期も休む予定はありません。この期間こそ、受託業務を一気に進めるチャンスだからです。当事務所の特徴なのか、業務には必ずといってよいほど、紆余曲折してきた案件が持ち込まれています。だからこそ醍醐味があり、完結後のお客様と共に心から喜びあえるのですからやめられません。

また、公的な意味合い深いお仕事も舞い込み新聞紙上に掲載されるなどテンションが一気に盛り上がります。最近では、生前整理や遺産整理に関わる業務が非常に多く、そのためか地方への出張機会が増えていることも実際です。昨日も、日曜日から帯広、北見方面へ出張し、現地で新たな業務を受託してきました。しばらくは、何度か往復することになるでしょう。

また、本州方面からの生前整理のご依頼もあります。生前整理に、行政書士がどのように関係するのかと疑問を持たれる方も多いと思いますが、実は、いくらでもあるのです。私の得意分野の一つとして、不動産に関することがあります。それも原野商法絡みの調査案件です。昨年も本州や四国から調査依頼があり、一喜一憂する場面に出くわしました。

後世に承継すると一言でいいますが、それはそれは幅が広く、土地の沿革を掴み、さらにその当時の時代背景を鑑み、何故、そのような土地を購入することになったのかまで推測し、お客様に報告することになります。それが、案外見落とされているケースが往々にしてあるのです。原野商法に関わらず、案外、不動産(土地)を保有している方々にも何らかの支障があるかもしれません。

土地を購入するときの心理はどうでしょう?家を建てるときの心理はどうだったでしょう。土地について自ら様々な資料を収集して調査をしたでしょうか?誰か任せにしていませんでしたか?登記しているから大丈夫などと思っているわけではないでしょうね?こんなことを相談者に投げかけています。時すでに遅しなんてこともあり得ます。私の立場として直接的に解決を図ることはほとんど難しいでしょうが、何かしらの方法についてお伝えすることが出来る可能性があります。

財産を保有した責任として、後世に承継するのであれば、元気なうちに内在している問題点をあからさまにしておくことで、将来、相続が開始されたときにスムーズにことが運ぶことでしょう。先週、土曜日には午前はある小学校の社会学級にて、また、午後は福祉関係のボランティアグループにて、生前整理と終活をテーマとして講演してきました。午前午後で総勢70名近くの方々に聴いていただくことができました。そこで、出た共通する心配ごとが浮き彫りにされたのです。

その浮き彫りになったことを基に、お取引先の社長との会話の中で、法人化しようかという新たな話題も出てきました。その根底にある大きな目的や命題はただひとつ・・・「安心」というキーワードです。法人の話しは夢物語としても、何らかの形にして「安心」を掴んでもらおうと考えています。その前提で、来月中にある小さなイベントを開催します。生前整理、終活は決して他人事ではありません。財産の大小でもありません。生きているからこそ避けられないこと。それは十人十色なのですが、生きているという共通項がある以上避けられません。

また、生前整理や終活についてブログにてお知らせします。

そういえば、函館市役所本庁舎と湯川支所の戸籍関係の窓口付近のモニターに昨日から不思議な内容のものが映し出されています。もし、興味があれば行ってみてください。

研ぎ澄ます

JUGEMテーマ:日記・一般

久しぶりのブログアップとなりました。今年に入ってからほとんど休みらしい休みを取れず、お仕事をさせて頂いておりました。仕事だけではなく、プライベートでも気持ちの整理がつかぬ様々なことが頭の中を擡げています。決して、夫婦の危機とかではありません。その危機は結婚当初からずっと続いておりますから・・・(笑)

そんな冗談でも言っていないとやり切れぬことがあるのです。まさか、こんなに身近で・・・などと自分自身になると居ても立っても居られない程の精神状態になることを体感しています。だからといって、仕事をおろそかにすることは絶対に避けなければなりません。まあ、神のみぞ知ると表現しておくしかありません。

ところで、今年に入ってから、出張が多いこと多いこと。北見、札幌、遠軽、帯広、広島、栃木、東京・・・そして、来月以降も本州方面へ行かねばなりません。先日、栃木県までの出張は急な案件でしたから、自動車をフェリーで航送し、そこから走り出しました。東北道、北関東道、関越道、北陸道、秋田道を周り、函館に戻ってきました。

2月は5日間で、2300劼鯑仔發世韻覗行しました。今回は、大間で下り、青森から帰ってきたのですが、距離にして1500劼任靴拭お陰様で新車として購入してから2年6か月ですが、現在、72050劼鯀破しました。今回の長距離走は案外楽でした。何故なら、昨年8月の真夏日に軽貨物自動車で群馬から走行してきた経験からです。

あの時は、車が壊れるのではないかと常に不安な気持ちでしたが、今回は不安もなく、燃費も良く、運転も楽でした。私がの車はマツダのCX5です。今回の燃費は高速道を走りましたが、平均して18/ℓです。これだけ走れば文句なしです。燃料費も安いですし。来月以降の日は未定ですが、再び本州へ行くときは、はやぶさで行こうと思います。また、時間的余裕があれば山形県にも行って来ようと考えています。そうは言うものの、今の状況では時間的余裕がありませんからね。

そういえば、今朝、公証人役場へ行った帰り、知人とすれ違いました。太陽の眩しさからか手で顔を覆っていたため、顔を見ることはできませんでしたが、元気そうだったので良かったです。しばらくぶりといっても分かるものです。この頃は、冴えているせいか「頭の中で思い出した人」を二日か三日くらいで本当に遭遇することがあります。これは、冴えている証拠です。視野を拡げ、耳を大きく拡げ、とにかく情報を五感で収集する気概でいると、黙っていても、情報が入ってきます。理解しづらいかもしれませんね。でも、本当です。そこには、自分の邪念が入り込む余地はないのです。

さあ、明日も頑張りましょう。花見も出来ずですから、これから夜桜を見物してきます。独りで・・・

明日はお休みします

JUGEMテーマ:日記・一般


おはようございます。今朝、こんな夢を見ました。数年ぶりに父親と再会し「随分お前も白髪が増えたな・・・」なんていう会話をしたのですが、親父は死んだときと何も変わらず(当たり前ですが)に声をかけてくれたそんな夢を見ました。懐かしい気分に浸れました。

亡き父ですが、どこかで見守ってくれているのでしょう。ということで、明日は早朝からお寺へ行きお参りしてきます。掃除もしないとなりませんしね。事務所は明日はお休みをいただきます。緊急の場合は電話を転送しておりますのでご安心ください。

話しは変わりますが、現在、相続の案件で樺太戸籍を取得しなければならず外務省のアジア大洋州局あてに郵送請求をしたところ、初めて戸籍の写しが送られてきました。実は、初めてのことです。なかなか出くわすことは無いように思えますが。

その戸籍の写しを見たときに、実は、私の母親も樺太からの引き揚げ者です。果たして、母方の樺太戸籍は存在するのかどうか大変興味深いのです。母から引き揚げ当時の話を聴くとそれはそれは今の時代では到底想像もつかない異常な世界であり、よくぞ、本国へ来れたものだと感心していたのでした。

恐らく、母も自分が生まれた故郷を死ぬまでに一度は行きたいはずです。最近、年を取ってきたせいかボソッとつぶやいている姿を見るとなんだか「平和」に生きている私が申し訳なくさえ思えてきます。生きているうちに一度は連れて行ければと思っていたのでした。

現在、お引き受けしている業務をきっかけとして、お盆、終戦記念日という場面が間近に控えているのですが、改めて、今、生かされていることに感謝です。明日は、そんなことでお休みさせていただきます。

行政書士の松田です。

JUGEMテーマ:日記・一般
行政書士の松田 聡です。昨日は私の50回目の誕生日。たくさんの皆様から多くのお祝いのメッセージをいただきましたこと心から感謝申し上げます。

今から10年前のことを思いだすと、毎日脂汗をかきながら過ごしていたような感じです。それくらい、民間のお仕事の流れに乗るために家庭を省みずに毎晩遅くまで動いていたことを思い出します。


自分で決めた道だから文句なんて言ってられません。もちろん、家族にも心配をかけることはご法度と決めていましたから。

今のお仕事は技術だけでは為しえないことが山ほどあります。絶対に頭でっかちではいけないのは当然です。今日を機にこれから10年は絶対に妥協しないと決めました。

足を引っ張られないよう、目を見開き、目的を見据えて頑張ってゆきます。

ところで、昨日は良いこともあった反面、悔しいこともありました。スタッフからは人が良すぎるなどと言われました。

自己矛盾を起こしていることを気づかない限り先には進みようがないでしょう。周囲があれやこれや言ったとしても全て雑音にしか聞こえていないのでしょうからね。

そんなことよりも、これからのお仕事をさらに明確にしてゆかないとなりません。私は、人生観が変わってからと言うもの見方や考え方はある意味ラフになっているところもあります。

頑なな考え方は自分の身を縛ってしまうような気がしてなりません。

これからのお仕事では様々な方々と出会い、様々なお仕事をさせていただくことになります。今は、緊張とワクワク感と少しの不安が入り混じった感情です。ときにはスクラップアンドビルドも必要なのでしょう。そんなことはしたくはありませんがね。

今朝一番で定款認証のためお客様が来訪されました。順調です。

今日もがんばりましょう。

行政書士の松田 聡でした。感謝

 

おはようございます

JUGEMテーマ:日記・一般

 
おはようございます。毎日ブログをアップできるとよいのですが、毎日、来客やこれからの事業開始に向けての準備作業に追われています。体がもうひとつふたつ欲しいところですね。苦笑

現在、来月上旬の開業に向けて新事業担当スタッフ数名が毎日開始へ向けての準備を続けています。当事務所の「心という無形の財産を後世に・・・」を理念に置き、新たな事業を開始します。これまで紆余曲折しながらもようやく形になりそうです。もちろん、行政書士事務所は従来どおり進めてゆきます。さらなる飛躍と挑戦を続けてゆきます。

現在、当事務所ではNPO法人設立、風俗許可や変更承認申請手続きに並行して飲食店営業許可も数件進めているところです。さらに、会社設立、建設業許可申請、道交法を根拠とする届出、一般旅客自動車運送事業、遺言、相続、任意後見契約等の案件をも受託しているところです。

今年の2月からは一人事務所として運営してきておりましたが、先月には行政書士資格保有者等々の補助者が数名事務所にやってきました。とはいえ、まだまだ軌道にのれている状況ではありません。毎日が綱引きです。昨晩は午前1時過ぎに帰宅しブログも出来ずの毎日でした。

今日は気づけば金曜日となり焦り気味は否めませんが、とにかく少しでも受託案件を進めてゆかないとなりません。しっかりと頑張ります。

ところで、これからの新事業ですが、『心という無形の財産を後世に・・・』を理念として様々な事業を展開してゆきます。具体的な内容は後日改めます。法人名もほぼ決定しました。役員構成もほぼ決定しました。多くの支援者のもと頑張ってゆきます。今日は肌寒い一日ですが、元気で闊達に過ごしましょう。
 

コンサルです・・・

JUGEMテーマ:日記・一般
今日も一日が過ぎてゆきました。今日はというと、午前中には同業の先生が二名ほど入れ代わり立ち代わりで事務所に立ち寄ってくれ、午後からは保健所、陸運事務所、顧問先を訪問してきました。新規で業務を受託しました。

夕方には司法書士の先生と地方へ出向き法人設立の事前打合せです。今回の法人設立は定款作成はもとより、今後の事業全体について、我々の視点からのコンサル的意味合いも含めた案件です。大いに盛り上がることでしょう。いずれマスコミ等でも取り上げられるはずです。

そろそろ、今日は帰宅してやり残したことを家で進めます。家族とも会話がほとんど無い毎日ですから。苦笑
きっと、これから帰ってもみんな寝ていることでしょう。わが末娘はインフレですし。気をつけないとなりませんね。皆様もお体にはご自愛くださいませ。お疲れ様でした。感謝

 

多くの皆様にお世話になっています。

JUGEMテーマ:日記・一般



お疲れ様です。昨晩は札幌からの大先輩である先生と有意義な時間を過ごさせていただき、帰宅後もしばらく興奮冷めやらずで頭の中がすっかり冴えてしまいました。しばらくぶりに心から笑い、業務や仕事の目的について新たな視点から発想するきっかけが出来たのでした。

業務内容のお話をお伺いしていると、札幌市内には様々な企業の出先等があり、それこそチャンスはいくらでもあることを垣間見ることが出来ました。だからといって函館がだめだと言っているわけではありません。函館にもチャンスは潜在して存在しているはずが、見いだせないでいる可能性が高いことを気づかされました。

最近ではSNSなどのツールがいくつも現われ、そのツールを中心とした業務展開が実際に行われているようですが、そこには、いずれ何かしらの限界が生じてくるのではという発想も湧いてきました。答えはひとつしかないはずです。ひとそれぞれ様々な考え方や見方などがあり、そのいずれが正解なのかと問われたとしても、正解はあって無しだと思うのです。数学でいうところの偏差や分布などを想定すれば、そこには山が築かれ、いわゆる平均がその付近であることは現象としてなぜか集中する傾向にあるのです。

しかし、それが全ての答え?かというと、偏屈かもしれませんが私はそう思いません。ひとそれぞれの発想等があって様々な発見や気づきがあるからこそ面白いのでは?と思うのです。だから、自分の中に何かしらの根拠があれば、例え、他人と違う行動を取ったって構わないのです。だから、やったもん勝ちなわけで、時として冒険も必要です。冒険すれば命を落とすかもしれません。けれども冒険せずとも命を落とすことだってあるわけで、それだったらやりたいようにやれば良いのです。

今朝、朝刊を開いたら、真っ先に目に飛び込んできたのが、以前の不動産会社でお知り合いになったお客様のことが出ていました。事務所を開業すると、その方から随分と励まされました。「ぼくの店に来て、ぼくが大丈夫と言った人たちはみんな大成するんだよ。だから松田君も大丈夫だ。好きなようにやればいいよ・・・」と、背中を押してくださったのです。その方の言葉が蘇ってきて、外勤中の時間、ずっと頭から離れずにいました。本当にお世話になった大好きな方でした。今頃、どこを歩いているのだろうか?今度、いつ会えるのだろうか?などと、決して会うことはできないのですが、心の中でその方が蘇ってきました。

やりたいようにやれば良い・・・この言葉は、行政書士の私には開業当初に悩み続けたことがフッと楽にさせてもらえたのでした。亡き父も同じことを話していました。今日も何件もお客様宅を訪問し、都度、同じことをお話してきました。明日にはどうなっているかは分からない。だからこそ、今、やりたいことを本気でやることがお棺に入った時に笑顔でいるかそうでないかの違いになるだろうと・・・

人は、年齢を増すにつれ、身の回りの整理を考える傾向にあるようです。でも、その整理のことで頭の中で悩んでもなんの解決にもなりません。私の母親も将来の身の回りの整理のことで悩んでいたのですが、私の妹やその孫達に会えることが具体化した途端、妙に元気になってきました。母親も今まで自分を押し殺していたのでしょう。そうさせてしまった私自身は反省しきりであり、どこかで腹を決めて連れて行ってやることがせめてもの親孝行かな?と言い聞かせ、行ってくることにしました。

9月から10月にかけて毎週何かしらの行事が入っておりましたが、ようやく山を越え、雪降り前の11月に連れてゆけることになりました。年を取ると出不精にもなりがちです。今回はもしかするとある意味元気なうちに連れてゆける最後になるかもしれません。家族たちの協力のもと連れてゆきます。

今日の業務の中で色々なことを考えさせられ、考えるくらいなら行動してと、様々なことを言い聞かせながら走り回りました。数年ぶりにお会いしたお客様、初めてお会いしたお客様、以前から相談したいと言っていたお客様、将来子供たちに迷惑をかけたくないというお客様、本当にいい勉強をさせていただきました。今週もあと数日です。やりたいことをやれるようにしっかりと前をみて頑張りたいものです。いつものことながら支離滅裂になってしまいました。このブログに書いているすべてが自分の遺言みたいなものですからね。(笑)

風俗営業許可・・・変更承認申請(2号許可の場合)

JUGEMテーマ:日記・一般



『風俗営業許可が下りて、順調に顧客も増えた。そこそこの利益も発生しさらなる事業の展開を考える。すると、現在の店舗を改築してもっと効率の良いスタイルのお店にしよう・・・』と発想される経営者も多いはずです。

自分が経営するお店だし、許可もあるから、店舗を好きなように改築しようと考えるのが極々自然な流れかもしれません。ところが・・・です。改築して無事オープンとなり、しばらくしてから警察官がやってきた。すると、「風適法違反ですね・・・」経営者は後日出頭することに。

出頭すると、「今回、あなたはどうして出頭するように言われたか理解していますか?」「えっ・・・???」
「営業許可は許可申請した際の状態に対して許可をしているのであって、許可当時の状況から構造を変更する場合には、工事着手する以前に“変更承認申請”を行い、承認されてからでなければ改築等はできないのですよ。ですから、風適法違反としてお呼びしたわけです。」と相成るわけです。

ですから、風俗営業に関わる経営者の方々は十分にこのような仕組みや考え方であることを熟知していなければ、後日、大変なことになりかねないのです。もっとも、店舗内の照明が変わった、椅子やテーブルが変わったなどの軽微な変更については、変更届出手続きを行うだけで良いのです。

変更承認申請を行う場面としては、VIPルームを設ける(ただし、VIPルームを設けるにも最低面積以上でなければ許可されません。)や、営業所内を全面的に改築し、厨房やトイレの位置、客室などが変わるような構造上の変更を伴うなどの場合には、事前に変更承認申請を行わなければなりません。要は客室面積や営業所全体の面積が変更されるような増改築のことです。この申請に係る実費は収入証紙により11,000円を納付することになります。

許可手続きには様々な種類がありますが、どれにも共通することは、許可を受けようとする者が、その道のプロであることが問われます。我々、行政書士に申請手続きを依頼されたとしても、実際の運営はご本人ですから、そのことを良く認識して業務運営に臨まなければなりません。

よくあることですが「すべて、先生に任せているから、そっちに聞いてくれない」と言われる方もいるのです。しかし、それを受けている我々行政書士は、任せられた以上、任せられたきりにならず、その許可が持つ意味などを依頼者の本物にしてもらうための確実な行動を取らなければなりません。任せられたから、任せられた行政書士の勝手な判断で書類等を作成してはまずいのです。

今回の変更承認手続きは、お客様が自ら当事務所に連絡を下さいました。その認識があったからこそでしょう。経営されている方はプロでした・・・。手続き自体は難なく受理してもらい、週明け早々に現地調査となりました。風俗営業関連で何かしようと思ったら、まずは、警察署へ直接伺いに出向くか、あるいは当事務所までお問い合わせいただけるとよろしいかと思います。

さて、明日は中学生たちがやってきます。職業体験第二弾ですね。どうなることやら・・・(笑)


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2776 最後に更新した日:2018/09/10

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング