〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

本質

JUGEMテーマ:日記・一般
今日も一日があっという間に過ぎてゆきました。お昼にはある法人の理事会に出席し、夕方からは函館市内の福祉施設において「自分史作成教室」の講師として出かけてきました。

現在、一人事務所ですがあれやこれやと時間を要するもののなんとか進めなければならないとの意識のもと今も事務所にいたところです。そんな中、嬉しいことにいつもお世話になっている方が事務所にお見えになりお弁当の差し入れとさらに事務作業を手伝って下さったのです。

これから事務所にはスタッフを採用しなければならぬ状況ですが、じっくりと決めてゆきたいと思っています。焦ることは何もないです。やはり人を採用するとなればその人間の本質をいかに掌握するかにかかってくるでしょう。仕事をするということに甘えは許されません。それも我々のような士業の人間は特に甘えるわけにはゆかないと断言します。

私も、家族と会話をする時間が無いほどの毎日ですが、そのような会話をする時間が無いほどの結果をもたらしたのは紛れもなく自分であるのですから、誰かにこの現状を助けてもらえるなどとは思ってはいません。随分と前ですが、子供が幼稚園に入るかどうかの頃、転勤で単身赴任を余儀なくされた経験があります。

子供達に当時のことを聞くと、一様に「寂しかった」と答えます。しかし、寂しい思いをさせたくないと思っていても現状が現状ですから受け止めざるを得ませんでした。それでも、子供と向き合ってきた結果、何とか成長してくれました。今の現状を作ったのも自分、その結果を導いたのも自分です。それを誰かに助けを乞うことは到底難しいでしょう。誰だって、自分の生活が第一ですから。

私も、色々なことを想定します。物事の本質をしっかりと掴んで自分が自分を裏切ることが無いようにしなければなりません。私の事務所もこれからが正念場です。まだまだやることが山積している中ですが、焦らずに腰を落ち着かせてひとつずつ進めてゆこうと・・・そう言い聞かせています。この時間を楽しみにしながら頑張ります。

実は・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

実は、今日の夕方から函館市内の福祉施設といっても複合型の施設において、自分史作成を活用した社員研修のため講師として出かけてきました。函館新聞社の記者の方もお見えになっていました。ここしばらく自分史作成教室を開講しておりませんが、今年は着実に開催してゆきます。

自分史作成教室を初めて開催したのが、2006年6月ことでした。あれから8年が経過しようとしています。自分史作成をお勧めするのは、自分自身のこれからの道標を自らの責任のもと見定めてゆくことにあるからです。誰も自分の人生を導いてはくれません。マニュアルなんかありません。全て、自分自身の意思に尽きるのです。そこには、これまでの自分自身の歴史がこれからの進むべき道を導いてくれる大きなファクターともいえるでしょう。

とかく、維持するために自分自身に妥協するようなことがあるかもしれません。しかし、その妥協したことが後々大きな影響を及ぼすことだってあり得ます。それくらいであれば、しっかりと自分に妥協することなく気概を高めてゆけばよいはずです。ところが、その気概を高める何かについて自分自身で把握していないことも十分にあり得ます。これが、悩み、心配、困りごとへとつながることだってあるのです。

それらを解消するには他人様ができることではなく、あくまでも自分自身で解消してゆくことが当たり前のことです。しかし、それすらできないでいるお坊ちゃんがいることも確かです。先日、お坊ちゃんという題目でブログをアップしましたが、既に敷かれている軌道をそのまま走行することは簡単至極です。もし、その軌道が敷設されていなかったらどうするでしょう。走行しないでしょうか。まさかですよね。

どんなに時間を要したとしても敷設するために一所懸命になるのではないでしょうか。敷設するためには並々ならぬ労力を要するでしょうが、恐らく、その場面において、紆余曲折するなど様々な困難に出くわすことでしょう。その困難こそが敷設後の走行においてメリハリが生まれてくるのではないでしょうか。既に敷かれた線路を走行するお坊ちゃんは線路の強度や幅が分からないものですから、一気にスピードアップを図るか、あるいは、恐る恐る走行させることでしょう。

俯瞰することや客観的視点に立って判断することは、自分で線路を敷設したからゆえの視点であるのかもしれません。そこには、自分自身が置かれている立ち位置や能力の有無、さらには自分に秘めている可能性を認められるかを自分が受容しない限り次へは進めないかもしれません。これらのことはいつものことながら自戒してのことです。私自身も過去のブログを読み返しました。赤面したり、はぁ〜?どうなってるのと自分の不甲斐なさを痛感しています。

そこは、やはり自分を振り返ることこそが大きなヒントが隠されているといえるでしょう。自分史作成を本気でお勧めします。来月17日にも講師として出かけてきます。最後にこれまで自分がアップしてきたブログの数はといいますと今日の分を入れると2655本にもなりました。今年中に3000を目指したいところですが、これから毎日アップすることが最短の道ですね。でも、何のためにブログをアップするのかといえば、言わずもがな自分のためなのです。これに尽きます。明日もみなさん前に進みましょう。今日も感謝です。

自分史作成セミナーin亀有・・・無事終了

JUGEMテーマ:日記・一般

先週、土曜日に東京は葛飾区亀有にて行った「自分史作成セミナー自分探しの旅」を無事終えることが出来ました。

参加された皆様心から感謝申し上げます。今回はシャンソン歌手の三浦みどり先生のご尽力を頂いての開催でした。

今回の参加者は遠く埼玉県や練馬、取手など様々な地域からお集まりいただきました。今回は時間的に制約がありましたから、次回に続くことを願っています。また、自分史セミナーの中で相続や遺言についてほんのわずかでしたが触れたところ皆様興味があったようで、もし、次回があればその話題を中心に進められたら良いかもしれません。

さて、今日は新規の風俗許可申請の正式受託がありました。店舗の改装が終了する時期を見計らって調査開始となります。今週は公証人役場においての証書作成案件が輻輳しております。

話しは変わりますが、明日は「かわら版」の発行日です。今回のかわら版には事務所の大きな変化について具体的に載せております。改めて、ホームページやこのブログでもお知らせしてゆきます。

先ずは、その準備も並行して進めてゆきます。今日のブログは報告ばかりになってしまいました。やることをひとつずつ進めてゆきますよ。
 

亀有で・・・自分史作成教室

JUGEMテーマ:日記・一般

あっという間の一週間が過ぎようとしています。今日はある法人設立の打ち合わせ、文書作成受託、相続関係などの動きがありました。その中で、大きな疑問が湧いてきました。その疑問については今後同業の先生方と意見交換をしてみたいところです。

さて、明日は東京の葛飾区亀有にある「あいほーる」という所で、自分史作成教室を開講してきます。その前に、埼玉県のお客様とお昼を頂きながらあるお話をお伺いしてきます。

今回の自分史は、シャンソン歌手兼ボイストレーナー兼音楽教室主宰の三浦先生が主催してくださりました。参加人数は明日のお楽しみですが、参加者の中には函館ご出身の方もいらっしゃるようです。共通の知人がいるかもしれませんね。日々寒さを感じる函館ですが、明日の東京は暖かな一日のようです。明日の自分史が終われば、明後日は柏市内のお客様とお話しをしてきます。

ところで、今日は嬉しいお電話を頂戴しました。数年前に尾道市での自分史作成教室に参加された東広島の診療所の先生からお電話を頂戴しました。今、北海道に滞在されていらっしゃるとの事で、明日は函館にお越しになる予定とのことでした。

私は、東京へ・・・ですから、明後日にでも羽田でお会いできるかと思いましたが、どうも擦れ違いで今回はお会いできそうにありません。先生とは次回(遠くない時期)にでも再び何か出来ないものかというお話になりました。こちらから企画させていただき改めてご連絡することを約束しました。先生は今も継続して自分史を作成されているとのこと。本当に嬉しいことです。

少しでも多くの皆様にこの意図をご理解していただいたうえで道標を築いていただけたなら有り難いことですね。自分史作成に関して、高校時代の同級生や昨日お会いした経営者の方、現役の教師の方など賛同者が増えつつあります。来月には休日を利用して札幌の知人である弁護士の先生にもお話ししてこようと考えています。行政書士とは一線を画した生業として今後も継続して運営してゆく所存です。

昨日の経営者とも双方向で会員になろうかという話題も出てきています。士業の枠を超えた、業種の枠を超えた、年齢も関係なく、いわゆる人との結びつきからの組織を企てられたらと創造しています。これこそが・・・社団なのです。

自分史作成教室終了

JUGEMテーマ:日記・一般

 

やはりパソコンの調子が良くありません。先ほど文章を載せてアップできたと思いきやすっかり内容が消え去っており、ショックですね。

さて、先週土曜日に開催した自分史作成教室も無事終えることが出来ました。今回は数年ぶりの開催とあって、会場は「港の見える丘 クリフサイド」において、参加者数17名により行いました。

特に、今回は自分史作成からスタートし、函館の夕景とクリフサイドさんでのお食事と東京銀座のマキシムドパリにおいて定期的にライブを行っているシャンソン歌手兼音楽教室主宰の三浦みどり先生による生のシャンソンを楽しんでもらい、日ごろの気忙しさから脱してもらうことを念頭に開催いたしました。

参加者の皆様は「たまにはこんな時間も大切ですね」と異口同音にお話しされていたことが印象的でした。確かに世知辛く生活しづらい世の中かもしれません。けれども、自らの発想ひとつでどうにでもなるのかもしれないことを新たに発見できたように思います。

実は、今日も朝から「葛藤」させられた場面が立て続けに目の当たりにしました。時に法律は冷たく、時に法律に助けられ、時に法律が先行し・・・など色々な見方があるわけですが、案外、ちょっとした気持ちの持ち方ひとつで、冷たくなく、助けられることなく、先行されることもなくなるかもしれません。

また、何か起きると誰かのせいにしてみたり、自ら行動せず、指示ばかりという姿勢も往々にして起きているような気もします。自らやらずして誰がやるのでしょう。誰かに頼るということも時としてあるわけですが、頼り方ということを知らずして頼ってしまい、結局、自分の思い通りにならなければ文句ばかり・・・

それくらいであれば、自らが発想し、行動し、そこからの結果は自らが実感し、たとえそれが想定していない内容だったとしても甲斐というものが残るはずです。その甲斐を気づかずして誰かに全てを頼ってしまうとそれこそ損臭いのではないでしょうか。

特に、身内のことについては第三者が入り込もうとも無理があるわけです。まずは、自らが責任者として、ここでいう責任者の意味は深いのですが、本当の意味での責任者になることが大切だと私は思います。そういっている私自身もまだまだ未熟そのものですから、自戒の念を抱きつつ反省しつつこの文を書き上げているのですね。

有るけれど・・・無し・・・この発想こそが合意形成を図る上で不可欠なような気がします・・・実感

自分史作成教室特別バージョン

JUGEMテーマ:日記・一般

今日も無事終了しました。そういえば、森林法の届出に関して、当事務所でもどうやら初めて扱うことになりそうです。渡島総合振興局の林務課へ出向き、担当官からお話を伺ってきました。数年ぶりに林班図を見せていただきました。林班や小班という言葉を久しぶりに耳にしたとき、何故か心が躍ってきました。

森林法5条を根拠とした手続きが今後は十分に注意して調査を進めなければならないことは言うまでもありません。もちろん、得意分野の一つですから司法書士への啓発も一気に進めないとなりません。やることだらけです。

ところで、今月22日に「自分史作成教室」を開講します。数年ぶりの開講とあり、今回は函館市元町にある「クリフサイド」という函館の街を一望できる喫茶店にて16時からスタートします。

自分史作成教室には遠く茨城県からも参加される方がいらっしゃいます。実は、この方21日に函館入りするのですが、PTAの教育講演会に招聘させていただき、せっかくの機会ですから、自分史にも参加していただき、あるイベントも併せて行おうというものです。

自分史作成を進め、食事をし、その後、夜も更けてきた頃に、その方に別な形でご登場していただく予定です。内容はといいますと、シャンソンを歌っていただくことになっております。

この方は、「三浦みどりさん」という、音楽教室を主宰し、ボイストレーナー、音楽療法士、そして、東京銀座の「マキシムド・パリ」において、毎月定期的にコンサートを行っていらっしゃる躍動的な方なのです。

浅草のご出身でちゃきちゃきの江戸っ子ですから、語り口は軽快そのもので楽しいお話を聞けることでしょう。ご縁あって、三浦先生が函館に来ていただけるのですから、私もさらにパワーアップして自分史作成教室を有意義な時間とすべく気合い十分で頑張ります。

今回の自分史作成教室は定員15名限定とさせていただき、参加費は3,500円にて行います。日ごろの自分史作成教室ではゲストを招くことはありません。が、今回は偶然にもタイミングが合いました。滅多に無い内容ですから是非皆様にも参加していただきたいところです。あくまでも先着順ですから定員がいっぱいになった時点で、申し込み終了とさせていただきます。

ところで、いよいよ佳境を迎える業務が明日一気に発生します。きっとあっという間の一日になることでしょう。気合い気合いです。

自分史作成教室開講

JUGEMテーマ:地域/ローカル

皆様お疲れ様です。

今日は午前中の飛行機で函館に戻り、神奈川のお客様も一緒でしたから、市内で昼食をとり事務所に直行しました。依頼されていた案件も無事さきほど納品することが出来ました。

それにしても雨が雷が続いています。夕方、函館山方向を見ると、そのバックにはモクモクとした積乱雲が控えており、さらに、函館山頂上付近にはかなとこ雲まではゆきませんが、キノコ雲状の雲が湧き出ていました。

津軽海峡は暗黒と比喩してよいほどの暗闇で、所々にイカつけの灯りが見え隠れしていたのでした。羽田から函館までの上空から見えた雲も南方に発生するような雲が林立しており、それも全て積乱雲でした。一体、自然界は何を語っているのでしょうか。

人間の本性とは何か?ここ最近、疑心暗鬼然となるようなことが至る所で起きています。また、仕事感もどうなっているのでしょう。そう言っている私自身反省なのですが・・・

今回の東京方面での出張時に浅草のホテル内で出会ったおばあちゃまと何気に会話をしたのですが、「おにいさん、幸せの意味分かるかい?幸せはね自分で作るもの。ほんの些細なことでも幸せになれるんだよ。分かるかい?おにいさん。」と。

そのおばあちゃまは今も現役で浅草の飲食関係に関わるお仕事をしているそうで、顔のお化粧はお上手そのもの。粋というやつですかね。いやらしさが感じられないのです。聞けば、生粋の江戸っ子とのことで、話し方なんかは元気そのものというより、よくこんなに頭が回転しているなと妙に感心してしまいました。

年齢を聴いて驚きでしたが、83歳ということですが、今も現役バリバリで疲れ知らずとのこと。会話をしているとこちらまで元気にさせていただけます。また、会おうねと約束して別れました。本当に元気になれましたね。負けていられませんよ。

さて、前置きは長くなってしまいましたが、今週の土曜日に自分史作成教室を開講します。久しぶりの開講となります。内容はここをクリックしてください。

さらに、自分史作成教室のホームページもご覧ください。

明日の北海道新聞夕刊テレビ面に広告が出ます。先着順ですのでお申込みはお早めにお願いいたします。

自分史について

JUGEMテーマ:日記・一般

皆様お疲れ様です。

さて、自分史作成についてですが来月24日に広島県の安芸津市にある「南海診療所」において、自分史についての講演依頼があり、一泊二日にて行ってきます。

このご縁は、尾道の民宅先生が主催して開催された自分史作成教室に呼ばれて行った際に、参加されていたのが南海診療所の医師である所長様との出会いがきっかけでした。

今回、直接の御依頼であり、地元新聞社やポスターを作成して広告するそうです。診療所を利用されている方をはじめ地元の方々が参加されるそうです。私は少しでもこの気風を拡げてゆき、一人ひとりの方々が、さらなる明日への生きる希望を自らが見出すきっかけになることを念頭に自分史作成を勧めています。

地元函館においても、今年は事務所から程近いレストランにおいて開催する予定です。こちらのオーナーも賛同して下さり、土曜日の午後から開催し教室終了後にはレストランにおいてお食事会を引き続き行う予定です。こちらの日程はこれから決定しますが、詳細については早めにお知らせいたします。

お客様がお亡くなりになり、父が亡くなり、改めて自分史作成についての必要性をさらに認識させられました。一人ひとりの命の尊厳、生きる力、これからの生き方・・・等々、その目的は人それぞれです。一人でも多くの皆様にご参加いただけるよう、私も頑張ります。
 

自分史作成教室



千光寺付近から撮影したロープウェイ



千光寺での桜


こんばんは。尾道での自分史作成教室も無事に終了することが出来ました。

尾道でのこの教室を通じてお知り合いになった多くの皆様には再会できましたことを心から感謝申し上げ、さらに、主催者である「真心の代書屋 民宅先生」にもこの日の準備等をはじめとしご尽力いただきましたこと改めて感謝申し上げます。

今日の尾道は最高の天候で、港まつりも最高潮のようでした。スキッとした青空の下での自分史作成教室は私にとっても印象に残る内容でした。明日からは日常業務に戻りますがさらに気持ちと志を高め、所期の目的である行政書士としてのお仕事を突き進めてゆきます。

過ぎればあっという間の滞在時間でしたが、その意味は紛れもなく良い時間の過ごし方ができたからと断言できます。再び、尾道を訪れることが出来るよう自己研鑽を積んでゆく所存です。

どうもありがとうございました。感謝 

尾道着

JUGEMテーマ:日記・一般







こんばんは。

無事、尾道に到着しました。尾道の仲間である民宅先生と明日の自分史作成教室の前段として自宅を訪問してきました。ご家族からの皆様から歓待され大変恐縮してしまいました。奥様の手作りの料理をご馳走になり身も心もリラックスモードに入ってしまいました。感謝です。

さて、今日は早朝に起床して、松山観光港から広島へ向けフェリーにて移動しました。瀬戸内海の穏やかな海は日常を忘れさせてくれる大らかな海でした。

広島では宮島へ行き厳島神社を散歩してきました。今日は干潮と相まって鳥居はすっかり根元が露出しており、地元の方のお話しによればなかなか見ることは出来ないタイミングだったようです。

タイミングといえば、尾道に入るとみなと祭りが行われており、北海道でいうところのよさこいのような踊りのコンテストが行われておりました。

松山でも感じたことはとにかく「活気」があるのです。街も活き活き、人も生き生きしておりました。それには目を見張るものがあります。

明日はいよいよ自分史作成教室です。今日はこれからゆっくりと休ませてもらいます。明日も楽しみですね。

 


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2784 最後に更新した日:2017/06/05

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング