〜行政書士松田聡事務所からのお知らせ〜

★青いぽすと「松田聡の本気(マジ)談」毎月掲載!


★“心の代書屋”かわら版のご登録はホームページから!解除も可能ですのでお気軽にご登録下さい。


★フェイスブックもやっています。


★ツイッターもやっています。

明日から出張

JUGEMテーマ:日記・一般

明日から事務所は15日までお盆休みですが、明日から土曜日まで出張です。そして、来週は17日から19日まで出張となりますが、事務所にはスタッフがいるのでご心配なく・・・。

それにしても様々な案件が重なり合い、頭の整理がつかない状況です。しかし、明日からの出張で少しは整理がつきそうな予感です。

 

そして、来月は1日、2日と連続して市内の中学生が職業体験のため事務所にやってきます。9月、10月もすでに予定が入ってきています。また、近々大々的に弁護士の監修を受けて地域にあることを手掛けてゆきます。これも楽しみです。乞うご期待を・・・ということで、今日は短めにブログを終えて、明日の出張に備えます。


地歴を探る

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日もお疲れ様でした。

今日は、行政書士業務の醍醐味を実感した一日でした。

ひとつは、文書により人の心を動かす醍醐味。

ひとつは、事実証明書作成の前提の調査業務の醍醐味。

ひとつは、お客様からハグして欲しいと言われるくらいのお仕事が出来た醍醐味。

ひとつは、得意としている風俗許可に関し追い風を感じられた醍醐味。これは世の動静を見ていると必ずやこうなるであろうという予測が的中したのです。

 

朝一番で、森町のお客様を訪ね、昔々のお話を想い出してもらいながら、いくつか現れた点を徐々に結び付け、それがようやく線に繋がろうとしていることを図書館へ行き調査し、さらに役場での関係各所を調査し、そして関係法令が施行された年次を確認しながら、ある事実の根拠づけを行ってゆきました。土地の地歴こそあることを物語ってくれるのです。

 

北海道は開拓されてから本州に比べるとずっとずっと歴史が浅く、当時から現在に至るまでの道筋を探るため、土地の地歴を調査することである手がかりがつかめてきます。その手がかりを探るべく、まだまだ調査を深めなければなりませんが、次の調査の端緒を今日は見出すことが出来ました。地道ではありますが、最後はお客様が安心してくださることを想い描き、調査を続けます。

 

明日も、非常にタイトな時間割ですが、朝一番で福祉施設を訪問し、それが済んだら森町へ向かい、すぐさま戻って、午後一番で広告デザイナーとの打ち合わせ、そして、継続した事業計画書の見直し作業、それが終わったら夕方から講演をしてきます。講演依頼があったある団体から懇親会のお誘いがあるので、バッチリアピールしてきます。何せ、道内からたくさんの方々がお集まりになるので、このご縁を今後も何かしらのキャッチボールが出来ることを望み、お話をさせていただきます。

 

今日は、お仕事から新たなお仕事の在り方を学んだ一日でした。明日も本気です。そうだ、青いぽすとのマジ談をご覧くださいね。

拙いブログですが、読んでいただいている皆様に感謝申し上げます。

 


事業計画

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日から今日にかけ、ある行政書士がやってきました。業務はまだまだこれからとのこと。明るく元気な人物です。謙虚な姿勢が好感を呼びます。事務所に来るなり驚いていました。何故なら、書類の山とやることだらけであることを目にしたからでしょう。現在、手掛けていることは相続は同時並行で数件、明日も新規で受託します。

 

さらに、任意後見契約、遺言など複数件、許認可案件が数件、不動産等財産調査などの調査案件が複数件、講義やセミナーは明日の夕方から月内に2回行わなければなりません。今日、会社設立と何件かの相続登記が完了し、司法書士から書類を頂いてきました。会社があがったので、いよいよ政策公庫に事業計画書の持ち込みです。

 

こんあ状態を目にしたのですから、焦りよりも驚きの方が大きかったのでしょう。今日は内業に専念し、創業計画書を完成させました。夕方にお客様を訪ねて計画書内容の確認作業に入ってもらいました。私自身、事務所を開業する当初は、何度となくブログでも書いていますが、行政書士業務のイロハについて教えを乞うことが出来ぬかとあれやこれやと頭を悩ましましたが、どうすることも、どうにもならず、だったら自らやるしかないと心に決めました。

 

お手本も無い、経営知識も無い、金も無い、無い無いづくしの中でのスタートでした。安易に先輩行政書士に飛び込む自身も無く、とにかく自分でやるしかありませんでした。もちろん、金銭的な不安は常につきまといました。しかし、自分でやると決めた以上やるだけですから、そこに集中しました。もちろん、開業当初からいてくれたスタッフの存在は大きかったのです。

 

開業当初から補助者がいると周囲から怪訝そうな見方をされたこともありました。けれども、最初から事務所を借りて、スタッフを雇い、個人事業ではあるものの給与制として今もそのスタンスは変えていません。これは、自分の性格を十分に知るが故のやり方です。人間の心理として裕福な時は気が大きくなりやすくなるものです。だからこそ、締めなければなりません。

 

また、最初からスケールを大きく持つことで見方も大きくなるものです。今、会社を設立した役員さんたちもこれからの事業に対し意気込みを伝えてくれます。その意気込みの源をしっかりと書き留めて、それが会社や経営の理念になるものです。その本気さ意気込みがこれからの事業遂行の気概となって、多くの皆様に貢献してゆくはずです。

 

それを、どのように数値化してゆくかを将来像をカラー写真の如く想像し、具体的な行動指針を策定し、それに基づいた事業遂行によりどれだけの売り上げに繋がるか。さらに、原価は?販管費は?利益は?想定する売り上げの推移は?返済額は?減価償却費は?など、思い付きで書いていますが、今後、自分の事業がどのように推移してゆくのかをカラーで想像してゆくことが肝要です。

 

私自身、数年前に公庫から融資を受けました。創業ではなかったものの事業契約書を準備して意気揚々と持ち込んだのですが、それら書面は一切見られることなく、融資申込書と申告書と印鑑証明書くらいですぐに実行されました。その後、もう一度融資を受けたのですが、あっさりOKとなり今は返済をしている最中です。今度は、会社の設備資金を融資してもらうかもしれません。

 

今後、マイナンバーとなり、税金、銀行、社会保険など大きく変わることが出てくるでしょう。融資の在り方も今までとは大きく変わるはずです。どう変わったとしても融資を受ける際の強みをしっかりと構築しておく必要があるはずです。答えはただ一つです。その答えを自ら見出さなければ、本来が見えてきません。昨日、やってきた行政書士にはこのようなことをお話しさせていただきました。我々は・・・単なる手続き屋ではない・・・と。


明日から東京へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今週も気づけば土曜日に突入しました。車のオイル交換ランプも点灯し、今週内だけでどのくらい走行したかわかりません。あと少しでオドメーターは11万キロに入ろうとしています。昨年一回目の車検を受けたところですが・・・もう少し時間的余裕があれば、明日からの出張は車で行きたいくらいです。

 

明日は横浜市内を何カ所か回り、お客様にお会いできればと思っています。明後日は、東京駅で待ち合わせが決まっています。今回もタイトな時間ですが、何とか良い結果に繋がればと思っています。今月、二度目の東京です。出張準備もまだ出来ていませんが、これから早速取り掛かります。

 

今日は・・・本当に心が疲弊してしまいました。けれども、私自身は大したことはありません。何事も、最後は自分次第ですから。やはり、そこには将来のビジョンが形成されていることが不可避でしょう。沸々としたビジョンがあれば、そこに向けて今徹底してやらなければならぬことが明確になるはずです。そう信じて事務所開業から進んできました。明日も、本気になって横浜でも頑張ってきます。


あけましておめでとうございます

JUGEMテーマ:日記・一般


遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。今年初のブログです。今年の業務は、昨年に引き続き元旦にお電話を頂戴したことが最初でした。しかし、役所が開庁するのは4日ですからそれまでは動きようもありません。そして、4日から正式に今年の通常業務を開始しました。

久しぶりに事務所に出、早速、地方の役所へ向かいましたが、駐車場には一台も車は停まっておらず、入り口には6日から開庁とのこと。これには、呆気にとられました。(笑) 年始早々の出来事でしたが、地方ならではの消防団の方々が一軒一軒回って歩いており、そこには、お正月の雰囲気が漂っていたのが新鮮でした。

最近では、お正月と言えども普段と何ら変わらずお店も開いていますし、お正月の雰囲気を味わいづらくなってきたように思います。ですから、昨年のシルバーウィーク然としたお正月休みでした。それは私だけかもしれませんが・・・。

4日は、そんなこともあり午後からはスタッフと共にコーヒーショップへ向かい、今年の抱負について語り合いました。そこでは、やはり外せなかったのが、独居老人対策だったのです。5日には、独居のお客様宅を訪問し書類をお届けしてきましたが、隣近所の拾人の方々は、早々に介護施設等に入居し、自宅は空き家となっており寂しい雰囲気が漂っていました。

お客様の自宅は坂の上にあるものですから、買い物や病院へ行くことが億劫だと言います。いわゆる買い物難民、通院難民という表現を用いてもおかしくありません。また、日常的におひとり暮らしですから、人と会話する機会がほとんどないため、我々がお邪魔した時は相当の歓待を受けました。次から次と話が途切れずにいて、帰り際も「必ず顔を出してね。」と寂しい中にも期待に胸を膨らませていた表情が忘れられません。帰り際に、自宅前に降り積もった雪を除雪してきました。なんとも不憫でならなかったのです。

このような方が地方都市では日常的光景になって当然の状況と思うと、行政書士という立場は関係なく、何かしらの対応を考えないとならないと改めて痛感しています。目先の制度はあったとしても利用しづらいという高齢者の本音もそこにあるため、その隙間を埋めなければそれこそ命に関わるような結末に至ってしまうことは明白かもしれません。まずは出来ることからと思い、今日6日から車に除雪用のスコップを積んで出かけるようにしました。そこに対価を求める気はさらさらありません。そりゃそうです。困っている方がいたらどうするか?街で倒れている人を見かけたらどうするか?見て見ぬふりですか。

そんなこと出来るわけがありません。まずは、自分が出来ることを考え、もしそのような光景に出くわしたら、出来ることをやる。ただ、それだけです。それこそ、前向きな命の使い方・・・使命ではないでしょうか。仕事が無いと耳にすることが多いのですが、それだって仕事なのです。それがお金にならなくたっていいじゃないですか。デジタルで成し遂げられないことなのです。

ですから、今年はアナログをテーマとして突き進むのです。今年に入り、有り難いことに毎日業務の依頼を受けています。来週は、早速千葉県へ出張してきます。そして、今月下旬には、恒例の広島県へ行ってくる予定です。広島では数年ぶりにお世話になっている診療所のお医者様にお会いしてくる予定です。遠く離れていても、気持ちは繋がっているのです。何かしらのお手伝いが出来ればと考えているところです。

今年も皆様、よろしくお願い申し上げます。本気で頑張りましょう。そして、身体が資本です。皆様お身体にはご自愛くださいませ。







 

決算、結算

JUGEMテーマ:日記・一般

函館山から当別方向
写真はこのブログを始めたころのものです。
 
ついに、今年も確定申告の時期がやってきました。実は、昨年のことを想い返せば、様々なことが起きた一年であり、正念場の一年であったと言い聞かせ、それこそ事務所の存亡をかけて臨んだ一年であったと心の中で決めていたのでした。

数字は心の現れと言いつつも、果たして、当事務所はどうなのか?数字の源はというと、どれだけのお客様と出会ったかの結果なのです。だからと言って、様々な異業種交流的な場に行くつもりは毛頭ありませんし、自ら、何かしらの集合体を構築すべく、大袈裟かもしれませんが、身も心もズタズタになりながらも何とか歯を食いしばり一年を過ごしてきました。

本気の本気で、事務所の存亡をかけた一年でありました。その間、事務所はもちろんのこと、お客様から受けた業務でも紆余曲折したことが実際にありました。心が弱っている時こそ頑健な心を持ち合わせないとならぬことを教わった気がします。今や、何かと「うつ」などと容易く病名がついてしまう時代ですが、果たして、どうなのでしょうと疑問に思うのは私だけでしょうか。

プライドが高く、自分が一番で、自分自身を俯瞰できず、誰かのせいにする・・・これこそが、謙虚さを失い、周囲から見放され、気づいたら「独りぼっち」という図式が成り立つものです。これまでに幾度となくこのブログに書き綴ってきましたが、私自身がこのような心の持ち合わせですから、それを脱するためにも、日々お客様と心を込めて本気で臨み、自分自身の状況を必ず俯瞰して一日を反省するということを毎日繰り返しています。

それでも、まだまだ人間として成り立っていませんから、やはり、メリハリをつけた生き方が大切であり、厳しく臨まなければなりません。死ぬまで勉強なのです。あるお客様から『「もう、これで良い」と言ったら先は無いよ』と言われたことを想い出しつつ、常に前を見据えて我を張るのではなく頑張るのです。

今年度の決算=成績表は子供にも負けないくらいに頑張ったといえます。前年度よりも減少していたのなら本気でやめようと思っていた事務所ですから、歓びもひとしおです。今年は、それ以上に反映させなければなりません。私が、思いのまま、思いどおりに行動することをしっかりと後押ししてくれた事務所の補助者、そのご家族には心から感謝しています。

また、事務所を継続できる状態になったことは、事務所を取り巻く多くのお客様の存在を語らぬわけにはゆきません。本当に応援して下さった多くのお客様には感謝という一語で済ますわけにはゆきません。今年は、確実に着実にかわら版持参でご挨拶に伺うようにします。

確定申告も終わりましたし、心新たに次のステップを具現化してゆく所存です。今日は、所得税も消費税も一括で納めてきました。確かに、納めた税金は多額でしたが、来年はさらなる飛躍を目指し日々精進してゆく所存です。

ところで、今年に入ってから市役所などのお役所にほぼ毎日出かけています。また、業務も順調に推移しております。今日も昨日は3件、今日も3件というように何かしらのお仕事を頂いております。現在、二人で業務を進めておりますが、まだまだ余力はあるはずです。心身ともに健康であることが大前提です。これから早めに上がり、健康増進のためお祝いをしてきます。

明日からも心新たに頑張ります!

デブからの縁切り

JUGEMテーマ:日記・一般
新年を迎え、あっという間に月も半ばを迎えようとしています。今年に入り、有り難いことに業務も立て込み、ほぼ毎日業務を受託している状況です。今日、あるお客様から「忙しいところにお仕事を頼むものですよ。」とポツンと言われました。決して、忙しいということではありませんが、とにかく時間が経つのが速すぎます。

今年は、行政書士として11年目に入る年です。まだまだ、出来ていないことが山積しており、プレッシャーがかかる毎日です。開業当初の方が気楽だったことを想い出しています。気持ちに、もう少し余裕が生まれたらと無い物ねだりをするわけですが、やはり、能力不足の結果であると冷静に受け止めています。そこには、プライドも何もありません。常に、自分を冷静に見ることが出来る姿勢づくりは不可欠なはずです。

ところで、私の目先での些細な目標を立てているのですが、笑うなかれ「痩せること」です。年齢も年齢となってきましたし、健康管理こそが資本であることを実感しているからです。最近、あるチビちゃんに「おじさんって、デブだぁ〜」と言われたことが悔しかったりもします。これまで、「デブ」などと言われなかった私ですが、やはり「デブ」という語句には抵抗があります。

事務所スタッフと競争です。などと言うと語弊がありますが、健康的に痩せてゆこうと決めています。だからと言って、食べたいものを食べないというわけではありません。食べるものをしっかりと食べて痩せるという方法によりまずは自分の標準体重まで戻すことにしています。デブなんて言われたくはありませんからね。目先の些細な目標を達成しながら死に向かってまっしぐらです。

こう考えると、やっておかなければならないことが本当に山ほどあるのです。その山ほどのあることから目を背けずに真正面から立ち向かってゆきたいものです。行政書士業務を通じ、どのような社会貢献が出来るのか、さらに新たな事業展開をどのように進めてゆくかも、事務所スタッフや我々を取り巻く多くの皆様の持ち味をフルに活かして形にしてゆこうと決めています。無を有にする。本当に大変なことですが、これをやり遂げられたら本望ですね。

・頼りたくても頼れない
・マニュアルがあれば見てみたい
・マニュアルなんてありゃしない。創り上げてゆくもの。
・誰かがやるからそれに相乗りしようなんてのはご法度
・言うが易し行うが難し
・自分の殻を破る
・目先、小手先に囚われない
・他人への批評評価はやめる・・・その前に自分はどうなのか
・情報錯綜の中、「真」は何かを見極められる目を磨く
・自分を信じること
・最後はひとり
・他人は他人
・好き嫌いで仕事をしない
・目配りを怠らない
・受け身ではなく能動的に
・笑顔と笑い声    ・・・etc

直後に命を落とすかもしれないわけで、いつその瞬間が訪れても揺るがない自分を創りあげてゆくことが肝要でしょう。まずは、デブと言われないよう心がけてゆきます。早く、函館から離陸しようかな・・・(笑)

新年あけましておめでとうございます

JUGEMテーマ:日記・一般


皆様、新年あけましておめでとうございます。2015年がスタートしました。当事務所も今日から仕事初めです。例年とは異なり、年始早々、ご挨拶回りどころか業務に明け暮れておりました。今年もお客様から背中を押されつつ「仕事しなさい」と言われているような感覚です。既に、今年に入りすでに数件の案件を新規で受託しました。実は、すでに2日から業務は始まっていたのです。

我々の業務の宿命は休日あって休日なしといったところでしょうか。実際、我々の業務に限らず、市内の様々なお店、病院、介護事業所等々では、元旦に関係なくお仕事に汗を流していらっしゃる方々がたくさんおります。果たして、この状態が「正」なのか甚だ疑問になったりするのです。やらされ仕事ではなく、自分自ら進んでやる仕事であるのなら、それで良いのですが。

私も、行政書士事務所を開業し10度目のお正月を迎えました。今年のお正月は思い切り気分転換を図るべく、仕事のことは一切忘れることに専念していたのですが、やはり忘れることなど到底できませんでした。これで良しなのです。それが、当事務所の流れですから。とは言っても、スタッフにはしっかりと休んで欲しかったのですが、スタッフも頑張ってくれました。感謝です。

今年の抱負をひと言で語ると、「今まで以上に本気になること・・・今までは本当の意味での本気にはなっていなかったので・・・」と、ひと言ではありませんが、これが今年の抱負です。その根底には、原点に立ち返り、お客様に為すべきことは何かをしっかりと耳を拡げ、傾け、自分のものにするということなのです。受け身仕事であるのならやめた方が良いでしょう。誰かに頼るのならやめた方が良いでしょう。今年は、それくらいの意気込みで頑張らせていただきます。

見栄を張らず、自分自身のウィークポイントから目を背けず、日々、精神鍛練と能力担保を図ってゆきたいと誓っています。今年は、ある意味賭けの一年でもありますから、目先に捉われずにしっかりと前を見据えて邁進してゆきます。今日も、遠くからのお客様と限られた時間の中、打合せを行ってきました。これから将来に向けての新たな関係が構築できそうです。そのためにも、しっかりと能力担保を備えておかなければなりません。

今年の仕事初めの今日は、新年を迎えたという気分ではなく、自分との闘いが始まった一日と捉えていますから、笑顔なんてありません。スタッフも私以上に強面の表情で臨んでいます。何ごともスタートダッシュが肝心です。今月も予定が次々と埋まってきておりますが、その合間を縫ってさらなる飛躍を目指し様々なチャレンジを図ってゆきます。

皆様、今年もどうぞ行政書士松田聡事務所をよろしくお願い申し上げます。皆様におかれましては、本年も素晴らしい一年となるよう心からお祈り申し上げます。感謝

今週は・・・

JUGEMテーマ:日記・一般


 
9月に入りました。8月は群馬から帰還したことに始まり、気づくとあっという間に一か月が経過していました。東京や四国から業務についてのお問い合わせがあったり、さらに先週は大分県のお仕事に関してのご相談があったりと本当に様々です。嬉しいことですね。

いつも想うことは、ここで慢心になってはだめだということです。謙虚で当たり前、奢っては先は見えずなのですね。今日も8年ぶりにお電話を下さったお客様を訪問すると、「何かあればあんたに相談しようと思っていたよ」とお話してくださいました。忘れないでいてくださったことに感謝です。

また、今日はある現実を目の当たりにしました。これから動き出すであろう業務について、事前打ち合わせと現地確認を行ってきたのですが、独居老人が孤独死に至ることの原因といいますか、そのような雰囲気を体感したのです。恐らく、今から数十年前はこの高齢者は自らの生業で将来を見据えて必死にお仕事をされていたはずです。

ところが、当時、自分や家族の将来像はこうなんだという確固たる思いでいたことが、社会が思いもよらぬほどの急変があったためか、将来の生活設計がいとも簡単に崩壊してしまったことが宅内の様子から垣間見ることができたのです。ご本人はやりきれなかったはずでしょう。しかし、世の中の動きは待ってはくれません。

その方の表情を見ると、どこか投げやり、でも寂しそうな雰囲気を醸し出しており、「もうなるようになれ・・・いつ死んでも構わない」といった感じでした。いわゆるセルフネグレクトのような状況とでもいえばよいでしょうか。たまたま、そこに介在していた介護事業所の皆さんの心温かな支えがあって、その方は将来への方向性を見定めたようでした。

歌手で樋口了一さんという方がいるのですが、その方の「手紙…親愛なる子供達へ…」という歌があります。その歌詞を読むと、人間の尊厳やノーマライゼーションという意味合いが含まれている感じがします。樋口さんは自分の子供達へあてた内容だと思うのですが、一人暮らしの高齢者がこれからどこかの施設等でお世話になるときに、関わってくださる方々に宛てた内容と解釈することもできるはずです。親子であれ他人であれ関係ないと思えたのです。凄く、まとまった歌詞ですから、機会があれば是非聴いて欲しい一曲です。

今週は、週末は札幌出張となります。行政書士の研修会と会議がありますが、それが終わると札幌での業務です。金曜日と土曜日です。土曜日はなんとか夕方までには函館に戻りたいところです。早朝から現場入りして出来ることを早急に進めてゆくことにします。札幌での各種業者様ともこれからご縁を持てるように積極的に活動してゆきます。

現地の同業者はじめ、人と人との連なりから素晴らしいご縁が築けるよう本気で頑張ります。合わせて、営業活動もしっかりと進めてきますよ。明日も朝から生前整理業務の打ち合わせです。

逃さない

JUGEMテーマ:日記・一般



今日も一日無事に終わりました。写真は先週早朝に函館を出発し札幌へ向かう途中です。こんな光景に出合えることはそうそうありません。しかし、普段何気に見ていることが実は大きな変化があったり、あるいは新たな発見があったりしているかもしれません。

どこかに意識を傾注していないと大切なことを聴いているようで聴いていなかったですとか、見ているようで見ていなかったとなりかねません。行政書士の業務に限らず、このことはすべてに共通することだといえるでしょう。仕事以外では、家族などの身内についても案外見落としていることが多々あるかもしれません。

たとえば、子供の様子がおかしいだとか、親の様子が違っているなどのことを見落としていたり、また、奥さんが綺麗になろうと髪を切ってきたけれどだれも気付かないなんてこともあるでしょう。少なくとも家族内はお互いに気づいていなければ将来への不協和音につながりかねません。

まだ、それくらいは良いのかもしれませんが、親が認知症になっていたなどということを見落としてしまっては命に関わるような大変な事態に至ってしまうかもしれません。こればかりは冗談で済むようなことではありません。以前から、有意注意という言葉を用いています。あることに向けて意識をしっかりと傾けているのか、あることに向けて意識をしっかりと注いでいるのか。その意識の在り方ひとつで未来の方向性が変わること必至です。

私は趣味とは言えるほどではありませんが、写真を撮ることが好きです。何が好きなのかと言えば、ある物に対して様々な角度から意識的に見ることが出来るチャンスであり、その一瞬を瞬間的に捉えられた時が好きなのです。あくまでも自己満足ではありますが、普段から様々な光景等を知っておくことが一瞬を逃さないでいられるのかもしれません。

構図、絞り、シャッター速度・・・がどうこうという理屈はよくわかりません。どんな写真であれその瞬間を捉えられた時の満足感はなんともいえない気分です。写真に限らず、日常生活、仕事などの場面でも「逃さない」ために普段の状況把握は不可避でしょう。

今日も夜に新たな急ぎの業務を受託してきました。来週から再来週にかけて会社、法人の設立が続きます。また、新たな許認可業務と融資関連の手続きが控えています。今日は相続と会社設立が完了し、測量業者登録の更新申請も終わることが出来ました。とはいえ、関東から相続や書類作成の案件も受託したところです。なんだか、落ち着かぬ状況が延々と続いていますが、楽しんで頑張らせていただきますよ。

週末は市電を借りてのイベントもありますし金曜日まで集中です。


 

profile

profilephoto 書いた記事数:2781 最後に更新した日:2016/08/16

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

 


ジオターゲティング